「釜石の夢 被災地でワールドカップを」大友信彦著

公開日:  更新日:

 今春、4年後に日本で開催されるラグビーワールドカップの開催都市のひとつに、東日本大震災の被災地・岩手県釜石市も選ばれた。日本選手権7連覇の名門・新日鉄釜石ラグビー部の故郷だ。本書は、新日鉄釜石を前身にするクラブチーム「釜石シーウェイブスRFC」の選手やOB、市民ら、ワールドカップ招致に奔走した人々の姿に迫った文庫書き下ろしノンフィクション。

 2011年、震災直後からボランティア作業に従事した選手やスタッフは、チーム存続の危機に見舞われながら、トップリーグ昇格を目指してシーズンイン。そんな中、チームのマネジャーがワールドカップ招致を復興のシンボルにと発案。OBを巻き込み、実現不可能といわれた招致活動が始まる。(講談社 650円+税)



日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    森友問題の反省ナシ…昭恵夫人が公然と野党批判の“妄言”

  2. 2

    第2の加計問題? “漁業潰し”仕掛人は規制改革のメンバー

  3. 3

    巨人マギーの報われない退団 「世代交代」とは遠い実情

  4. 4

    自画自賛が一転…“イッテQ疑惑”対応を誤った日テレの痛恨

  5. 5

    原爆Tシャツ、ナチス帽…「BTS」日本への“本格進出”は白紙

  6. 6

    呆れた安倍内閣 「徳」なし総理の下「徳」なし大臣集まる

  7. 7

    巨人のFA丸獲得は“天敵”広島対策 最強オプションの提示も

  8. 8

    巨人原監督“正捕手起用”の意向…炭谷のFA補強に西武OB警鐘

  9. 9

    原監督は明言も…巨人・岡本「来季三塁構想」の信ぴょう性

  10. 10

    巨人が"第3捕手"と"右の代打"に年俸1.5億円ずつは本当か

もっと見る