「釜石の夢 被災地でワールドカップを」大友信彦著

公開日: 更新日:

 今春、4年後に日本で開催されるラグビーワールドカップの開催都市のひとつに、東日本大震災の被災地・岩手県釜石市も選ばれた。日本選手権7連覇の名門・新日鉄釜石ラグビー部の故郷だ。本書は、新日鉄釜石を前身にするクラブチーム「釜石シーウェイブスRFC」の選手やOB、市民ら、ワールドカップ招致に奔走した人々の姿に迫った文庫書き下ろしノンフィクション。

 2011年、震災直後からボランティア作業に従事した選手やスタッフは、チーム存続の危機に見舞われながら、トップリーグ昇格を目指してシーズンイン。そんな中、チームのマネジャーがワールドカップ招致を復興のシンボルにと発案。OBを巻き込み、実現不可能といわれた招致活動が始まる。(講談社 650円+税)



日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    丸川五輪相“ああ勘違い”空回り 妄言連発に自民からも苦言

  2. 2

    中村アンvs石原さとみ 話題の“ショートカット対決”の行方

  3. 3

    「安心安全とは?」の本紙質問に橋本組織委会長の“迷回答”

  4. 4

    小室圭さんが享受する”特権待遇”は眞子さまとの結婚後も

  5. 5

    厚労省がワクチン“死亡事例”の詳細を公表しなくなったナゼ

  6. 6

    テレ朝斎藤アナ“お泊まり愛”のお相手 TBS小林廣輝アナって

  7. 7

    台湾に激震!アストラゼネカ製ワクチン接種直後に36人死亡

  8. 8

    在台邦人「アストラゼネカ」ワクチン優先接種に戦々恐々

  9. 9

    石原さとみ「結婚」でもキャラ変できず…北川景子との明暗

  10. 10

    小池女帝「都議選惨敗データ」に真っ青…都ファ30減の衝撃

もっと見る

人気キーワード