「微笑む人」貫井徳郎著

公開日:  更新日:

 神奈川の安治川で川遊びをしていたエリート銀行員・仁藤の妻子が溺れて死亡。数日後、仁藤が事故に見せかけて妻子を殺したことが判明する。本が増えて家が手狭になったので妻子を殺したという仁藤の供述に興味を抱いた小説家の「私」は、取材を始める。隣人や同僚、上司らに話を聞くが、仁藤は非の打ちどころのない人物で、彼が事件を起こすなど考えられないと異口同音の答えが返ってくる。

 事件から1カ月後、現場近くの宮ケ瀬湖で白骨体が発見。捜査の結果、白骨の身元は仁藤の元同僚・梶原と分かり、捜査陣は仁藤の犯行を疑う。しかし、仁藤は梶原の事件については犯行を否定する。

 衝撃のラストまで一気読み必至のミステリー。(実業之日本社 620円+税)



日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    森友問題の反省ナシ…昭恵夫人が公然と野党批判の“妄言”

  2. 2

    第2の加計問題? “漁業潰し”仕掛人は規制改革のメンバー

  3. 3

    巨人マギーの報われない退団 「世代交代」とは遠い実情

  4. 4

    自画自賛が一転…“イッテQ疑惑”対応を誤った日テレの痛恨

  5. 5

    原爆Tシャツ、ナチス帽…「BTS」日本への“本格進出”は白紙

  6. 6

    呆れた安倍内閣 「徳」なし総理の下「徳」なし大臣集まる

  7. 7

    巨人のFA丸獲得は“天敵”広島対策 最強オプションの提示も

  8. 8

    巨人原監督“正捕手起用”の意向…炭谷のFA補強に西武OB警鐘

  9. 9

    原監督は明言も…巨人・岡本「来季三塁構想」の信ぴょう性

  10. 10

    巨人が"第3捕手"と"右の代打"に年俸1.5億円ずつは本当か

もっと見る