「微笑む人」貫井徳郎著

公開日:  更新日:

 神奈川の安治川で川遊びをしていたエリート銀行員・仁藤の妻子が溺れて死亡。数日後、仁藤が事故に見せかけて妻子を殺したことが判明する。本が増えて家が手狭になったので妻子を殺したという仁藤の供述に興味を抱いた小説家の「私」は、取材を始める。隣人や同僚、上司らに話を聞くが、仁藤は非の打ちどころのない人物で、彼が事件を起こすなど考えられないと異口同音の答えが返ってくる。

 事件から1カ月後、現場近くの宮ケ瀬湖で白骨体が発見。捜査の結果、白骨の身元は仁藤の元同僚・梶原と分かり、捜査陣は仁藤の犯行を疑う。しかし、仁藤は梶原の事件については犯行を否定する。

 衝撃のラストまで一気読み必至のミステリー。(実業之日本社 620円+税)



日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    偽装離婚で資産隠し 羽賀研二を“金の亡者”に変えた原点

  2. 2

    「給料は我慢したのに」と戦力外通告の選手に言われて…

  3. 3

    劇的試合続くも外国人記者ソッポ…錦織圭はなぜ“不人気”か

  4. 4

    次女コウキのデビュー遠因か…父・木村拓哉が漏らした本音

  5. 5

    毎勤不正「組織的関与なし」幕引き図る監察委のデタラメ

  6. 6

    日テレ料理番組終了で…速水もこみち“レギュラーゼロ”危機

  7. 7

    憲法改正国民投票CMに待った「通販生活」意見広告の趣旨は

  8. 8

    ハゲタカ勢も虎視眈々 日産vsルノーついに始まる株争奪戦

  9. 9

    「笑点」歴代司会者で一番やりづらかったのは前田武彦さん

  10. 10

    愛娘の元彼・羽賀を“希代のワル”と見抜いた梅宮辰夫の慧眼

もっと見る