• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

「抗争」江上剛著

 メガバンク、ミズナミ銀行は2011年3月、東日本大震災の義援金の振り込みが集中したことからATMがシステム障害を起こし、全店で不稼働となった。

 9年前、3つの銀行が合併したとき、旧太洋産業銀行で使われていた古い勘定系システムを採用したのが原因だった。

 合併後も、それぞれの出身銀行の派閥争いで行内はばらばら、信用回復はそっちのけだった。そんな中、系列のクレジット会社で取引先が反社会的勢力かどうかを認定する担当者が刺殺された。そして、暴力団不正融資が発覚。コンプライアンス統括部の橋沼次長は真相を解明しようと動きだす。メガバンクの闇を描く銀行小説。(朝日新聞出版 1600円+税)


日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    有働アナ取られ…大手がマツコに意趣返し“共演NG包囲網”も

  2. 2

    5歳児虐待死も 連れ子のいる女性が再婚相手の子を望む心理

  3. 3

    支持率下落が続く安倍政権 今度は対北外交でも国民にウソ

  4. 4

    夜な夜な六本木の会員制バーで繰り広げられる乱痴気騒ぎ

  5. 5

    東西約300人が在籍 ジャニーズJrは“大人以上に遊んでいる”

  6. 6

    目黒5歳女児も 学歴コンプレックスの親がハマる“教育虐待”

  7. 7

    金融緩和継続 欧米と金利差拡大で円&国債大暴落の現実味

  8. 8

    織田裕二のひと言で消えた「東京ラブストーリー」続編計画

  9. 9

    公式本も発売 空前ブーム「おっさんずラブ」に続編あるか

  10. 10

    写真誌に撮られた休日の有働アナに「私服がダサい」の声が

もっと見る