• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

「実家の処分で困らないために今すぐ知っておきたいこと」高橋正典著

 親が死んだ後、空き家となった実家を放っておくと、とんでもないことになる。今年5月「空家等対策の推進に関する特別措置法」が施行されたため、固定資産税がこれまでのなんと6倍に跳ね上がることになったのだ。さらに、役所から建物の解体を促されても放っておくと、解体が行政によって代執行され、その費用を払わなければならなくなる。親が健在のうちに2世帯住宅に建て替えておくという手もあるが、親の死によって住宅ローンの返済計画が狂うこともある。しかも、兄弟間で相続トラブルの原因になることも。そんな場合に備えるためのアドバイスを満載。(かんき出版 1400円+税)



日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    「稼いだのは1カ月…」ブレークから10年たった鼠先輩は今

  2. 2

    “元彼”と同時引退? 幻に消えた安室奈美恵の「再婚」報道

  3. 3

    沖縄県知事選 玉城デニー氏「ひとつになって前進すべき」

  4. 4

    プーチンに後から反論…安倍首相“フェイク発言”の苦し紛れ

  5. 5

    抑え崩壊で接戦恐怖症 巨人最後の手段は「守護神・菅野」

  6. 6

    今季でクビの選手が続出? 阪神“不良債権”11億円の中身

  7. 7

    19歳ガングロで起業し注目「ギャル社長」藤田志穂さんは今

  8. 8

    巨人と西武のオーナーが示唆も…「監督続投要請」の吉凶

  9. 9

    富士山大噴火 気象研「降灰量シミュレーション」の衝撃

  10. 10

    OBも疑心暗鬼 巨人・由伸監督“続投示唆”から急失速のナゾ

もっと見る