「機密解禁文書にみる日米同盟」末浪靖司著

公開日:  更新日:

 著者は2005年から秘密指定を解除されたアメリカ政府文書を調査した。

 すると、日本の憲法や法令に規制されずに米軍を自由に行動させる日米合同委員会という秘密機関の内情が見えてきた。外務省北米局長、在日米軍参謀長らが秘密協議で、安保や地位協定の内容を決めてきたのだ。1959年の砂川裁判では、最高裁は、駐留米軍は憲法が保持しないと決めた戦力ではなく、日本政府は米軍に対する指揮権、管理権をもたないので米軍駐留は憲法違反ではないという判決を下した。この判決は米国大使との密約によるものだった。

 米軍が傍若無人にふるまうのはなぜかが腑に落ちるノンフィクション。(高文研 2000円+税)



日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    早とちり小池知事…都が鑑定の“バンクシー作品”には型紙が

  2. 2

    警察が運営阻止? 6代目山口組・高山若頭に早くも再逮捕説

  3. 3

    全豪OPで話題…大坂なおみが“スリム”になった深~い理由

  4. 4

    30歳適齢期は昔話 石原さとみ&深田恭子が結婚しないワケ

  5. 5

    したたか仏政府 ルノーとの経営統合要求で日産“強奪”狙い

  6. 6

    劇的試合続くも外国人記者ソッポ…錦織圭はなぜ“不人気”か

  7. 7

    “年金博士”警鐘 支給年齢「68歳引き上げ」が意味すること

  8. 8

    持ち家派も…定年後は限りなく“住居費負担ゼロ”を目指す

  9. 9

    年商200億円の深キョン新恋人 “ホコリだらけ”の女性遍歴

  10. 10

    やっぱり賃金は下がっている 虚飾の政権で沈む日本経済

もっと見る