「機密解禁文書にみる日米同盟」末浪靖司著

公開日:  更新日:

 著者は2005年から秘密指定を解除されたアメリカ政府文書を調査した。

 すると、日本の憲法や法令に規制されずに米軍を自由に行動させる日米合同委員会という秘密機関の内情が見えてきた。外務省北米局長、在日米軍参謀長らが秘密協議で、安保や地位協定の内容を決めてきたのだ。1959年の砂川裁判では、最高裁は、駐留米軍は憲法が保持しないと決めた戦力ではなく、日本政府は米軍に対する指揮権、管理権をもたないので米軍駐留は憲法違反ではないという判決を下した。この判決は米国大使との密約によるものだった。

 米軍が傍若無人にふるまうのはなぜかが腑に落ちるノンフィクション。(高文研 2000円+税)



日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    第2の加計問題? “漁業潰し”仕掛人は規制改革のメンバー

  2. 2

    自画自賛が一転…“イッテQ疑惑”対応を誤った日テレの痛恨

  3. 3

    呆れた安倍内閣 「徳」なし総理の下「徳」なし大臣集まる

  4. 4

    日ハム吉田輝星の原点 「投球フォーム」に託した父の願い

  5. 5

    玉城デニー沖縄知事の訪米に官邸・外務省が“横ヤリ”疑惑

  6. 6

    原爆Tシャツ、ナチス帽…「BTS」日本への“本格進出”は白紙

  7. 7

    都内のスーパーで特売品を 安室奈美恵「引退後2カ月」の今

  8. 8

    声優・落合福嗣「下町ロケット」出演で個性派俳優の道も?

  9. 9

    遠藤憲一はなぜ“Vシネ横綱”竹内力&哀川翔を凌駕できた?

  10. 10

    「イッテQ」疑惑で日テレ冬の時代へ…構造的問題の指摘も

もっと見る