• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

「機密解禁文書にみる日米同盟」末浪靖司著

 著者は2005年から秘密指定を解除されたアメリカ政府文書を調査した。

 すると、日本の憲法や法令に規制されずに米軍を自由に行動させる日米合同委員会という秘密機関の内情が見えてきた。外務省北米局長、在日米軍参謀長らが秘密協議で、安保や地位協定の内容を決めてきたのだ。1959年の砂川裁判では、最高裁は、駐留米軍は憲法が保持しないと決めた戦力ではなく、日本政府は米軍に対する指揮権、管理権をもたないので米軍駐留は憲法違反ではないという判決を下した。この判決は米国大使との密約によるものだった。

 米軍が傍若無人にふるまうのはなぜかが腑に落ちるノンフィクション。(高文研 2000円+税)



日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    太った? 元AKB小嶋陽菜のムッチリ体型にファン容赦なし

  2. 2

    英紙も警告 2020年の東京五輪は“殺人オリンピック”になる

  3. 3

    豪雨初動遅れも反省なし…安倍政権が強弁するウソと言い訳

  4. 4

    否定会見で墓穴 古屋圭司議員の“裏金”疑惑ますます深まる

  5. 5

    ZOZO社長とW杯決勝観戦 剛力彩芽“はじけっぷり”に心配の声

  6. 6

    検察は動くか アベトモ古屋議員に裏金疑惑が浮上 

  7. 7

    主砲にも日本語でタメ口 エンゼルス大谷「英語力」の謎

  8. 8

    “苦戦の戦犯”は金本監督 阪神の凡ミス多発は意識の低さ

  9. 9

    助っ人はベンチに 阪神・金本監督はロサリオが嫌いなのか

  10. 10

    9月の過密日程より心配 阪神が抱える“ロサリオ・大山問題”

もっと見る