• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

「愛の顚末」梯久美子著

「蟹工船」を書いて警察に虐殺された小林多喜二の恋人、田口タキは、生涯、沈黙を貫いて2009年に死んだ。タキは父親が事業に失敗したため14歳で銘酒屋に売られ、酌婦をしていた。多喜二はまだ肉体関係もなかったのに借金までしてタキを助け出し、自宅に引き取った。だが、家族の生活を背負っていたタキは、迷惑をかけまいと多喜二の家を出て自活を目指した。一度は東京で多喜二と同棲したが、多喜二が収監されたとき、彼の仲間と比べて自分が学のないことを思い、求婚を断って身を引いたのだった。(「小林多喜二 恋と闘争」)

 ほかに梶井基次郎、三浦綾子ら12人の文学者の愛の物語を描くノンフィクション。

(文藝春秋 1450円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    「言論の自由がない」D.スペクターさん東京五輪狂騒に苦言

  2. 2

    小池都知事の沖縄入り 狙いは二階“大幹事長”に媚び売りか

  3. 3

    「まだ監督じゃない」発言で騒動に…渦中の中畑清氏を直撃

  4. 4

    沖縄県知事選で“黒歴史”隠し 佐喜真候補にもう一つの疑惑

  5. 5

    データ分析室も機能せず…巨人に“天敵投手”続々の真犯人

  6. 6

    突然の“密室”夕食会…安倍首相はトランプに何を飲まされた

  7. 7

    ベンチの焦りが選手に伝染 今季巨人のBクラス争いは必然

  8. 8

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  9. 9

    豊漁が一転、不漁に…サンマは北海道地震を知っていたのか

  10. 10

    ファン心配…築地「吉野家1号店」営業終了で店長はどこへ

もっと見る