• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

「ヒトでなし」京極夏彦著

 子どもを亡くし、妻と別れ、仕事も失った尾田慎吾はあてもなく歩いていて、自殺に失敗した塚本祐子と出会った。慎吾に「死にたいんなら死ねよ」と言われて、祐子は自分が死にたいわけじゃなかったことに気づく。コンビニの軒下でおにぎりを食べようとしたら、慎吾は高校の同級生の荻野に声をかけられた。IT関係の仕事で成功して高級マンションの最上階に住んでいたのに、今は借金に追われる身だという。荻野は祐子が成り金の相続人であることを知り、自分の起死回生の事業に利用しようと考えるが、そのとき、借金取りがドアを叩く。

 妻にヒトでなしと言われた男がなぜか人を助けてしまう諧謔(かいぎゃく)小説。

(新潮社 1900円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    浮いた話もなし…波留の“私生活”がベールに包まれるナゾ

  2. 2

    90年代はやりたい放題だった…とんねるずへのノスタルジー

  3. 3

    野田聖子氏周辺に疑惑 仮想通貨「GACKTコイン」接点は?

  4. 4

    乃木坂46白石麻衣 不可解なドタキャン騒動に大ブーイング

  5. 5

    なぜ? 「大阪万博」スポンサーに米国カジノ企業が次々と

  6. 6

    安倍首相を守り栄転 太田理財局長は“論功行賞”で主計局長

  7. 7

    広島追撃にキーマン不在…巨人・坂本は長期離脱の可能性も

  8. 8

    高校の同級生の三浦友和 清志郎にRC再結成を持ちかける

  9. 9

    安倍首相を悩ませる 金正恩の「拉致問題」への対応一変

  10. 10

    ユニクロの狙いは? フェデラーと“10年300億円契約”の意味

もっと見る