ストーカーがエスカレートし信頼と愛情を考えさせられる一冊

公開日:  更新日:

「ウォーク・イン・クローゼット」綿矢りさ著 講談社 2015年10月

 本書には、「いなか、の、すとーかー」と「ウォーク・イン・クローゼット」の2作が収録されている。いずれも深い人間洞察に裏付けられた面白い作品だ。

「いなか、の、すとーか」の主人公・石居透は、新進気鋭の陶芸家だ。強い上昇志向を持っているが、それを隠す知恵もある。東京の大学で陶芸を学んだが、そこそこ名が知れるようになると、あえて故郷の小椚にもどって実家の近くに工房を造った。テレビ番組で石居の生き方が肯定的に紹介される。周囲から嫉妬を受けるが、それをかわす知恵はついている。ただし、問題は中年女性のストーカーの砂原だ。ある日、工房に戻ると砂原がろくろを回していた。

〈「この前のテレビ越しに私にくださったメッセージの、真意を教えてくださいませんか」/淡々と冷静そうでいながら、おかしな内容を早口でしゃべる女、たしかに覚えがある。ああ、田舎に帰ってから、こいつの被害が止んでいたのに。〉

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    安藤サクラに朝ドラ奪われ…満島ひかり“超ワガママ”の裏側

  2. 2

    安倍首相は「年金資産」を北方領土とバーターする気だった

  3. 3

    日産ゴーン逮捕の裏側と今後 衝撃はこれからが本番だ<上>

  4. 4

    大谷のア新人王を非難 東地区2球団の投手陣が右肘を狙う

  5. 5

    新人王でも来季は年俸7500万円 大谷の「大型契約」はいつ?

  6. 6

    交渉前に「お断り」…FA浅村に蹴飛ばされたオリの自業自得

  7. 7

    エ軍が大谷の復帰に慎重姿勢 あの日本人投手が反面教師に

  8. 8

    ソフトBが“相場破壊” 浅村に大魔神&松井超えの札束用意か

  9. 9

    大みそかToshlとYOSHIKI“バラ売り” 「X JAPAN」どうなる?

  10. 10

    大人も答えられない「正しいあいさつ」を小2に押しつけ

もっと見る