• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

「仏罰を」とまで批判された公明党の欺瞞を鋭く指摘

「『自民党“公明派”』15年目の大罪」古川利明著 第三書館

 戦争法案反対を訴えて国会を取り囲んだ人たちが掲げたプラカードに、

「自民党に体罰を 公明党に仏罰を」

 とあった。その通りだと思ったが、自民党と同じか、あるいは、それ以上に公明党の罪は深い。

 公明党とその支持団体の創価学会を長くウオッチしてきた著者はまず昨年7月、集団的自衛権行使容認の閣議決定を先送りさせようとしていた公明党に放った飯島勲(内閣官房参与)の脅しを紹介する。

 公明党のホームページに公明党と創価学会の関係が載っていて、いつも「政教一致」が問題になるが、それをまた取り上げてもいいんだよ、という意味の発言である。

 また元公明党委員長の矢野絢也は、1989年に起こった「1億7000万円入り金庫放置事件」の際に国税の調査が創価学会本体に入った時、その対応に大変だったと告白した。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事