「スキン・コレクター」ジェフリー・ディーヴァー著、池田真紀子訳

公開日:  更新日:

 首から下がマヒという障害を抱えながらも天才的な頭脳で難事件を次々に解決していく「リンカーン・ライム」シリーズの最新刊、第11作。

 ニューヨークのブティックの地下室で若い女性の遺体が発見された。その腹部には、インクの代わりに毒物を使ったタトゥーの文字が施されていた。何かのメッセージと思われるその文字は連続殺人を予感させるものだった。しかも、遺体の傍らには十数年前にライムたちが解決した〈ボーン・コレクター〉事件に関連する遺留物が見つかる。案の定、すぐに同様の手口による殺人が発生し、やはりメッセージを彫られたタトゥーが刻まれていた。犯人はライムたちの捜査方法を熟知しているようで、手がかりをほとんど残さない。それでもライムは微細な証拠からこの狡猾な犯人を追い詰めていく――。

 ディーヴァーお得意の何重にもわたるドンデン返しが、今回も最後に待ち受けている。また先行の「ボーン・コレクター」「ウォッチメイカー」とも巧みに共鳴させる物語展開など、サービス精神たっぷり。(文藝春秋 2350円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    豊洲市場の事故現場は“血の海”だった…目撃者は顔面蒼白

  2. 2

    宮沢りえホクロ取って正解? 鑑定歴25年の占い師に聞いた

  3. 3

    森友問題のキーマン 体調不良を理由に「出廷拒否」の仰天

  4. 4

    鼻を突く生臭さ…豊洲市場の内外で漂い始めた「腐敗臭」

  5. 5

    ホクロ除去した宮沢りえ 本当の目的は森田剛との“妊活”か

  6. 6

    豊洲市場開場から1カ月…腐敗臭に続きの床が「穴」だらけ

  7. 7

    カラオケ番組で「素人」得点…武田鉄矢が画面から消えた?

  8. 8

    BTSと東方神起は紅白落選…TWICEだけが残ったワケ

  9. 9

    村上春樹は75年卒…人気作家はなぜ「早大」出身が多いのか

  10. 10

    音痴で恥ずかしい…カラオケ下手が目立たない曲の選び方

もっと見る