「スキン・コレクター」ジェフリー・ディーヴァー著、池田真紀子訳

公開日: 更新日:

 首から下がマヒという障害を抱えながらも天才的な頭脳で難事件を次々に解決していく「リンカーン・ライム」シリーズの最新刊、第11作。

 ニューヨークのブティックの地下室で若い女性の遺体が発見された。その腹部には、インクの代わりに毒物を使ったタトゥーの文字が施されていた。何かのメッセージと思われるその文字は連続殺人を予感させるものだった。しかも、遺体の傍らには十数年前にライムたちが解決した〈ボーン・コレクター〉事件に関連する遺留物が見つかる。案の定、すぐに同様の手口による殺人が発生し、やはりメッセージを彫られたタトゥーが刻まれていた。犯人はライムたちの捜査方法を熟知しているようで、手がかりをほとんど残さない。それでもライムは微細な証拠からこの狡猾な犯人を追い詰めていく――。

 ディーヴァーお得意の何重にもわたるドンデン返しが、今回も最後に待ち受けている。また先行の「ボーン・コレクター」「ウォッチメイカー」とも巧みに共鳴させる物語展開など、サービス精神たっぷり。(文藝春秋 2350円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    愛着薄い? 小池女帝「東京五輪返上」6.1ブチ上げの公算

  2. 2

    小池知事 いよいよ「五輪撤収、責任回避モード」に突入か

  3. 3

    アスリートがワクチンに殺される…副反応で体調不良が続出

  4. 4

    維新梅村議員に文通費流用疑惑 公設秘書は殺人未遂で逮捕

  5. 5

    “ぼったくり男爵”バッハ氏来日で組織委警戒の帰れコール!

  6. 6

    川口春奈「着飾る恋」8年前の“汚名返上”に関係者ヒヤヒヤ

  7. 7

    パ混乱の“日ハムクラスター”…球団や栗山監督に不信感増幅

  8. 8

    危機あおる小池都知事 “五輪返上”ブチ上げ国政進出画策か

  9. 9

    世界が「五輪中止せよ!」の大合唱 菅政権ゴリ押しの異様

  10. 10

    巨人にリリーフ強化のトレード情報 防御率ガタ落ち大慌て

もっと見る

人気キーワード