「スキン・コレクター」ジェフリー・ディーヴァー著、池田真紀子訳

公開日:  更新日:

 首から下がマヒという障害を抱えながらも天才的な頭脳で難事件を次々に解決していく「リンカーン・ライム」シリーズの最新刊、第11作。

 ニューヨークのブティックの地下室で若い女性の遺体が発見された。その腹部には、インクの代わりに毒物を使ったタトゥーの文字が施されていた。何かのメッセージと思われるその文字は連続殺人を予感させるものだった。しかも、遺体の傍らには十数年前にライムたちが解決した〈ボーン・コレクター〉事件に関連する遺留物が見つかる。案の定、すぐに同様の手口による殺人が発生し、やはりメッセージを彫られたタトゥーが刻まれていた。犯人はライムたちの捜査方法を熟知しているようで、手がかりをほとんど残さない。それでもライムは微細な証拠からこの狡猾な犯人を追い詰めていく――。

 ディーヴァーお得意の何重にもわたるドンデン返しが、今回も最後に待ち受けている。また先行の「ボーン・コレクター」「ウォッチメイカー」とも巧みに共鳴させる物語展開など、サービス精神たっぷり。(文藝春秋 2350円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    毎勤不正「組織的関与なし」幕引き図る監察委のデタラメ

  2. 2

    劇的試合続くも外国人記者ソッポ…錦織圭はなぜ“不人気”か

  3. 3

    憲法改正国民投票CMに待った「通販生活」意見広告の趣旨は

  4. 4

    売り込みは好調も…河野景子“豪邸ローン2億円”の逼迫台所

  5. 5

    ハゲタカ勢も虎視眈々 日産vsルノーついに始まる株争奪戦

  6. 6

    雄星「4年60億円」の反動懸念 “温厚”シアトルでも痛い目に

  7. 7

    北方領土問題には触れず 日ロ首脳会談はやはり“中身ゼロ”

  8. 8

    問題山積でも突き進む…外国人労働者受け入れに専門家警鐘

  9. 9

    参院選まで半年…野党共闘を阻む立憲・枝野代表の背信行為

  10. 10

    「給料は我慢したのに」と戦力外通告の選手に言われて…

もっと見る