日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

「フェイリング・ファスト」ニコラス・カールソン著、長谷川圭訳

 青い目をしたブロンドの女性コンピューター・サイエンティストが、低迷していたヤフーにCEOとして乗り込んできた。彼女はスーパーヒロインか、それとも?

 マリッサ・メイヤーは1975年、ウィスコンシン州生まれ。スタンフォード大学大学院で人工知能を研究し、卒業後グーグルに入社した。優秀な人々に囲まれて生きることを望んでいたからだ。聡明で、抜群の集中力を持つ彼女は、猛烈なハードワークで検索エンジンの進化に取り組み、短期間で社内の重要人物にのし上がっていく。メディアに取り上げられて有名になり、イケメン銀行マンと結婚もした。

 メイヤーの前進は止まらない。検索の仕事をはずされ、心外な降格に遭うと、グーグルには自分の進むべき道は残されていないと判断、ヤフーへの転身を図った。社員の大歓迎を受けてヤフーのCEOに就任したとき、彼女は妊娠7カ月。それでも、グーグルでの経験をベースに、精力的に改革を推し進めた。最重要課題はPCからモバイルへの方向転換。加えて透明性の確保、社内コミュニケーション改革、職場の環境改善、仕事のスピードアップ……。成果はみるみる表れた。

 だが、ヤフーとの蜜月は1年で終わりを告げ、社員の間にメイヤーに対する不満がたまっていく。冷たい、会議に遅れる、頑固で人の助言に耳を貸さない、幹部人選の才がない。何より、業績が芳しくない。メイヤーは苦難の道のりの途上にある。

 このスーパーキャリアウーマンのビジネス戦記は、ネット業界の内幕を暴く業界戦国史にもなっている。下克上は当たり前。おごれる者は久しからず。峻烈な戦いがリアルタイムで進行中だ。(KADOKAWA 1800円+税)




日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事