「クローザー マリアノ・リベラ自伝」マリア・リベラ/ウェイン・コフィー著、金原瑞人/樋渡正人訳

公開日:  更新日:

 中米パナマの小さな漁村に生まれたマリアノは子供のころから野球に親しんでいた。でも、道具は木の枝でつくったバット、漁網をきつく丸めたボール、牛乳パックでつくったグラブ。ハンク・アーロンもベーブ・ルースも知らなかった。

 厳格な父親のもとで漁を手伝いながら、地元チームでプレーしていたマリアノの人生は、スカウトの目にとまったのをきっかけに一変。ドラフト外でニューヨーク・ヤンキースに入団し、英語がまったく話せないまま渡米する。

 漁師か修理工になるはずだった若者は、どのようにしてメジャーリーガーになり、クローザーとして活躍し、守護神と呼ばれるまでになったのか。

 2013年に引退した後、その半生を語り尽くし、この自伝を出版した。コントロールこそ天才的だが、球速は130キロ台で、球種はストレートだけ。監督に呼ばれたらマウンドに上がり、精いっぱい投げる。余計なことは考えない。野球に対する姿勢も、生き方もきわめてシンプル。

 5年かかってメジャーに昇格後、練習中の偶然から、打者の手元で曲がる魔球「カットボール」を手に入れ、この1球種を武器に快進撃が始まる。通算セーブ数652はメジャー最多。5度のワールドシリーズ制覇の偉業も成し遂げた。

 大きな存在になってからも謙虚さを失わず、決して慢心しない。常にチームメートを気遣い、ときに真摯に忠告する。敬虔なクリスチャンである彼は、マウンド上で祈る。

「主よ、私とチームメートをお守りください」

 一人の男の成長物語として読めるが、チームメートたちとの関わりや試合運びなども詳細で、メジャーファンにはたまらない。
(作品社 1800円+税)


日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    伊集院静氏が指摘 今の65歳から80歳が日本をダメにした

  2. 2

    小橋健太さんが明かす 先輩レスラーたちの凄まじい飲み方

  3. 3

    13勝左腕ガルシアと破談…怒り心頭の中日が疑う“巨人の影”

  4. 4

    フジ月9「SUITS」 視聴率“2ケタ死守”ほぼ確定も残る不安

  5. 5

    月9「SUITS」で高評価 鈴木保奈美の豪華衣装と着こなし方

  6. 6

    M4~5級が異例頻発…南海トラフ地震「1~2年後」と専門家

  7. 7

    鳥谷は4億で大山は微増の3000万 若虎たちの嘆きを聞け 

  8. 8

    中日から強奪は“吉”か 虎入り確実ガルシアに3つの懸念材料

  9. 9

    数字残して当たり前…阪神FA西に浴びせられるドギツい洗礼

  10. 10

    火野正平との醜聞が話題に 元祖バラドル小鹿みきさんは今

もっと見る