「クローザー マリアノ・リベラ自伝」マリア・リベラ/ウェイン・コフィー著、金原瑞人/樋渡正人訳

公開日: 更新日:

 中米パナマの小さな漁村に生まれたマリアノは子供のころから野球に親しんでいた。でも、道具は木の枝でつくったバット、漁網をきつく丸めたボール、牛乳パックでつくったグラブ。ハンク・アーロンもベーブ・ルースも知らなかった。

 厳格な父親のもとで漁を手伝いながら、地元チームでプレーしていたマリアノの人生は、スカウトの目にとまったのをきっかけに一変。ドラフト外でニューヨーク・ヤンキースに入団し、英語がまったく話せないまま渡米する。

 漁師か修理工になるはずだった若者は、どのようにしてメジャーリーガーになり、クローザーとして活躍し、守護神と呼ばれるまでになったのか。

 2013年に引退した後、その半生を語り尽くし、この自伝を出版した。コントロールこそ天才的だが、球速は130キロ台で、球種はストレートだけ。監督に呼ばれたらマウンドに上がり、精いっぱい投げる。余計なことは考えない。野球に対する姿勢も、生き方もきわめてシンプル。

 5年かかってメジャーに昇格後、練習中の偶然から、打者の手元で曲がる魔球「カットボール」を手に入れ、この1球種を武器に快進撃が始まる。通算セーブ数652はメジャー最多。5度のワールドシリーズ制覇の偉業も成し遂げた。

 大きな存在になってからも謙虚さを失わず、決して慢心しない。常にチームメートを気遣い、ときに真摯に忠告する。敬虔なクリスチャンである彼は、マウンド上で祈る。

「主よ、私とチームメートをお守りください」

 一人の男の成長物語として読めるが、チームメートたちとの関わりや試合運びなども詳細で、メジャーファンにはたまらない。
(作品社 1800円+税)


日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    ゴタゴタ続き…阪神低迷の“A級戦犯”フロントが抱える問題

  2. 2

    阪神には行きたくない 糸井2世も敬遠する球団の構造的欠陥

  3. 3

    埼玉大・高端准教授が警鐘「自助、共助」を強調する危うさ

  4. 4

    菅内閣“ご祝儀報道”の裏で着々…真の肝入りは法務と警察

  5. 5

    菅新内閣の不真面目3閣僚 デジタル担当相はワニ動画で物議

  6. 6

    ドラ1候補・明石商中森の母が明かす プロ志望表明の舞台裏

  7. 7

    巨人FA補強に浮上する「第3の男」 菅野メジャー流出濃厚で

  8. 8

    芦名星さん、三浦春馬さん…俳優を追い込む韓国との類似点

  9. 9

    阪神ファン大胆提言「矢野監督解任、岡田彰布氏で再建を」

  10. 10

    優香に女優復帰待望論 衰えぬ美貌で深キョンもタジタジ?

もっと見る