佐々涼子
著者のコラム一覧
佐々涼子ノンフィクションライター

1968年生まれ。早稲田大学法学部卒業。2012年「エンジェルフライト 国際霊柩送還士」で第10回集英社・開高健ノンフィクション賞を受賞。最新刊「紙つなげ!彼らが本の紙を造っている」でキノベス1位ほか8冠。

パリでナチスに抗した無名の人々の記録

公開日:  更新日:

「パリは燃えているか?」(上・下) ラリー・コリンズ、ドミニク・ラピエール著、志摩隆訳

 第2次世界大戦末期、各地で敗北を重ねていたヒトラーは、パリを占領しているドイツ軍兵士に指令を出す。

「パリを敵の手中に渡してはならぬ。もし、敵の手中に渡すときには、パリは廃虚となっていなければならぬ」

 パリ軍政長官コルティッツ将軍は、パリを己と道連れに破滅させようとするヒトラーに狂気を感じながらも、凱旋門、エッフェル塔、ノートルダム寺院と、いたるところに爆薬を仕掛ける。

 一方、フランスの共産主義勢力は、市民の一斉蜂起を企てていた。もし、これが現実化したら、ドイツ軍との激しい戦いの末、大勢の市民が犠牲となり、世界に誇る美しい街並みは焦土と化すだろう。この緊迫した状況の中、スウェーデン総領事のノルドリンクは、抵抗派の救命に動きだす。

 本書はアメリカ人記者ラリー・コリンズと、フランス人記者のドミニク・ラピエールが3年の歳月をかけて、膨大な資料と聞き取り調査によって書き上げた戦史ドキュメンタリーである。

 記録されなければ歴史に埋もれてしまうだろう無名の人々の姿が印象的だ。例えば収監されていた囚人たちがドイツの収容所に送られていくシーン。生きて帰ることが絶望的な状況の中、ポーランド人歌姫ノラの声がバスの中から誇らしげに聞こえてくる。

「このフランスの国で、私を待っていて。すぐ帰ってくるからね」

 旧式のホッチキス機関銃一丁でドイツ軍に立ち向かい、炸裂弾で頭蓋を砕かれた15歳の装填手ジャノ、戦車を炎上させ、雨あられと降り注ぐ機銃に打たれて路上に倒れた赤いスカートの少女、戦火の中で湧き起こる〈ラ・マルセイエーズ〉。

 一人一人の力は小さくても、無数の人々の運命が縒り合わされ、うねりとなって歴史が生まれてくる。その様に心打たれる。過去に映画化されたこともある本作は、今年、文庫として出版された。読み継がれるべきノンフィクションの傑作だ。(早川書房 各1100円+税)





日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    国家公務員ボーナス支給 実は日産ゴーン並みの“過少発表”

  2. 2

    巨人が岩隈獲得も…“救世主”とアテにできない致命的欠陥

  3. 3

    ロシア専門家が警鐘「北方領土問題進展は日本側の幻想」

  4. 4

    日ハムと巨人では“雲泥の差” 注目2球団補強の中身と狙い

  5. 5

    清原の二の舞か…“Vの使者”丸を待つ巨人移籍1年目の大重圧

  6. 6

    火野正平との醜聞が話題に 元祖バラドル小鹿みきさんは今

  7. 7

    FA丸を筆頭に総額50億円大補強…巨人最大の問題はリリーフ

  8. 8

    広島はマネーゲームせず…丸にも最後は“渋チン”貫いた理由

  9. 9

    FA炭谷加入で…G小林“正捕手剥奪”で年俸6000万円飼い殺し

  10. 10

    魔性の女が復活…「あな渡」は“荻野目慶子劇場”と化した

もっと見る