• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger
佐々涼子
著者のコラム一覧
佐々涼子ノンフィクションライター

1968年生まれ。早稲田大学法学部卒業。2012年「エンジェルフライト 国際霊柩送還士」で第10回集英社・開高健ノンフィクション賞を受賞。最新刊「紙つなげ!彼らが本の紙を造っている」でキノベス1位ほか8冠。

インドへ行ったら一度は「自分」探し?

「英国一家、インドで危機一髪」マイケル・ブース著 寺西のぶ子訳

「英国一家、日本を食べる」で話題になったマイケル・ブースの新刊である。今回は、中年の危機を迎えた著者が、妻と息子たちを連れてインドを旅する。

 野心とキャリアで自分の値打ちを測ってきた著者だが、そういうものがしぼんでしまったせいで自分を見失い、アルコール依存症気味であることを妻に心配されているアラフォーだ。前半こそ、お得意の食べ歩きの話が多いのだが、後半になると妻の策略で強制的に入れられたヨガ教室に話が移っていく。

 旅は、欧米セレブたちの間ではやっている精神世界での自分探しになだれ込んでいくわけだが、彼は、小さいころに触れたキリスト教に不信感を抱いて以来、その手のものにアレルギーを持っている。

 精神世界との距離を測りかねる中年男の姿が滑稽だ。何しろ、ほかのヨガの瞑想者が座禅を組んでいる姿を見ても、拒否反応が出てしまうのだ。

「『見て見て! 瞑想中だよ』とでも言いたげな姿勢だ。僕も同じようにやってみたが、自分自身を完全に裏切っている気がした」と、後ろ向きもいいところだ。うっかりヨガで前向きな気持ちが湧き出たと思ったら、次には意味不明な詠唱をさせられて、「自分はここで一体何をやっているんだ」と揺れまくる。

 日本の男なら、さしずめ、そば打ちとか、四国巡礼とか、滝行にでも走るのだろうが、英国人一家のお父さんは、本場インドで、デビッド・リンチやクリント・イーストウッドが習慣にしているという瞑想にはまる。

 こんな旅をするのも、生活が豊かになりすぎて、自分を探す暇があるからなのだろうと思っていたが、考えてみればインドなんて大昔から自分探しの本場だ。

 個人的には、無邪気に食い気に走っている著者のほうが好きだけど、インドに行ったら、やっぱり、一度は「自分」を探さねばならないのだろう。(KADOKAWA 1800円+税)





日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    キムタクは“御一行”で…被災地を単身訪れた斎藤工との差

  2. 2

    徳永有美アナが古巣に復帰 「報ステ」現場は大ブーイング

  3. 3

    元SMAP3人は自由を謳歌 シャッフルして新たな仕事が急増中

  4. 4

    小川アナの左腕が物語る…嵐・櫻井翔“新恋人報道”の違和感

  5. 5

    大激怒から落胆へ…爆問・太田“裏口入学”報道の複雑胸中

  6. 6

    流した浮名は数知れず 前田敦子&勝地涼“電撃婚”の舞台裏

  7. 7

    日本人拘束は進展ナシ…「安倍3選」を阻む北朝鮮の仕掛け

  8. 8

    太田光“裏口”報道は法廷へ 光代社長「橋下先生に委任状」

  9. 9

    カネと欲望がうごめく甲子園 ネット裏“怪情報”<番外編>

  10. 10

    巨悪に甘い日本の大メディア 米新聞トランプ一斉批判で露呈

もっと見る