• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

「巨人軍『闇』の深層」西﨑伸彦著

 不祥事が相次ぐ読売巨人軍の闇に迫るスポーツノンフィクション。

 不祥事の連鎖を招いている根源は何か。著者は、1978年の江川事件にあると指摘する。この事件以来、巨人軍は選手や監督の不祥事に直面すると、法律解釈を徹底的に駆使した理論武装によってすべてに対処。ダメージを最小限にとどめてきたという。本書は、選手を野球賭博へと導いたといわれる2人の人物への直接取材をはじめ、清原和博元選手の巨人時代のクスリ人脈や黒い人脈、そして原辰徳前監督の過去の女性問題をめぐる恐喝事件、さらに現役選手を巡るスキャンダルまで。

 各事件の真相を暴きながら、自壊を始めた伝統球団の内幕に迫る。(文藝春秋 780円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    夜な夜な六本木の会員制バーで繰り広げられる乱痴気騒ぎ

  2. 2

    手越がトドメに? 日テレの情報番組からジャニタレ一掃も

  3. 3

    全国一元化を口実に…安倍政権が障害年金支給カットの非情

  4. 4

    最高裁も覚悟…森友問題で財務&国交省が隠したかったコト

  5. 5

    大阪北部地震で注目…活断層“直撃リスク”のある「17原発」

  6. 6

    総選挙でトップ3に入れず…AKBは“本体”弱体化が最大の課題

  7. 7

    最大の後ろ盾も失い…楽天・梨田監督“電撃辞任”の全内幕

  8. 8

    日朝首脳会談 「後退」観測の裏にプーチン大統領の横ヤリ

  9. 9

    作家・中村文則氏が警鐘 「全体主義に入ったら戻れない」

  10. 10

    電撃辞任後は連勝も…楽天“ポスト梨田”に挙がる2人の名前

もっと見る