「OLD DOGS 愛しき老犬たちとの日々」ジーン・ウェインガーテン著、ミカエル・S・ウィリアムゾン写真、山本やよい訳

公開日: 更新日:

 年老いた犬たちのポートレートに、彼ら彼女らと飼い主とのエピソードを添えて紹介するフォトエッセー。

 本書の誕生のきっかけとなったのは、著者の愛犬イエロー・ラブラドルレトリバーのハリーだった。亡くなる少し前のある日、ハリーは散歩の途中で立ち止まり、見知らぬ犬が公園で飼い主とフリスビーに興じる姿に見入っていたという。

 その時、ハリーは13歳で、もう散歩は以前とは異なり、排泄の義務を果たすための実用本位のもので、周囲のことにはすっかり無関心になっていたのに、よその犬がかつて自分がそうしていたようにフリスビーで遊ぶ姿を、飽きることなく見つめていたそうだ。

 これまで8匹の犬と暮らし、6匹が気品と威厳をたたえて年を取り、運命を甘受するかのように死を迎えるのを見てきた著者は、「犬も年を取るにつれて時間の経過を認識し、死という運命までは理解できなくとも、体力の衰えという無慈悲な現実だけは、間違いなく理解している」という。

 飼い主を追い抜いて老いていく犬たちは、老いとともに深い感謝と無限の信頼を飼い主に示すようになり、一方で予想もしなかったひょうきんさも見せ、安らぎに包まれているように見えるという。

 ハリーに続いて登場するのは、彼の晩年の散歩仲間だったピットブルのハニー(10歳)だ。母親は野良犬を連れて帰ってきた息子にある儀式を強制するが、ハニーはその儀式を見事にクリアして、野良犬から飼い犬へと昇格したのだ。

 その他、人工授精のために行われた獣医の「テクニック」が忘れられず、飼い主の家を脱走して3キロもの道をものともせず獣医の元に走った武勇伝を持つジャックラッセルテリアのスタンレー(16歳)、飼い主だった看護師のナオミの死後、娘のベウラに引き取られ、母を亡くしたベウラの心も癒やし続けてきたペキニーズのB.B(13歳)、放射線治療の影響で黒い毛に覆われていた顔は灰色に変わってしまったが、獣医の言葉に反して悪性のがんを乗り越えたボガ(10歳)、若いころは熊狩りが得意だったが、今は耳も聞こえず腰痛もあるので一日中座っているサム(16歳)、かつては数え切れないほど家を脱走したが、今は飼い主が外に連れ出そうとすると、リードをくわえて家の中に戻ってしまうブレイズ(11歳)など、64匹の老犬たちの物語がつづられる。

 彼ら彼女たちの写真からは、飼い主と過ごした濃厚な時間の積み重ねが伝わってくる。そして、飼い主と愛犬とのさまざまなエピソードが犬と暮らす楽しさを教えてくれる。愛犬家はもちろん、犬との暮らしを考えている人にもお薦め。(原書房 1600円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    GACKT告白 浜田だけじゃない芸能界パワハラ&セクハラの闇

  2. 2

    自民・田畑毅氏離党か…永田町で飛び交う“女性醜聞”の中身

  3. 3

    また怪統計か 2018年「貯蓄ゼロ世帯」大幅改善のカラクリ

  4. 4

    トランプに平和賞?推薦した安倍首相に問われる“見識”<上>

  5. 5

    ローン嫌いは意外に多い 現金主義のメリットと得するコツ

  6. 6

    銀行口座は3つを使い分け 7年で1000万円貯めた主婦の凄腕

  7. 7

    日産の“暴君”と対決した元広報マンはゴーン事件をどう見る

  8. 8

    常盤貴子「グッドワイフ」も評判 “ネオ美熟女”はなぜ人気

  9. 9

    菅田将暉「3年A組」好調の深い意味…日テレの新看板枠に

  10. 10

    日テレが大博打 原田知世&田中圭で“2クール連続ドラマ”

もっと見る