• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

「ぼくらは地方で幸せを見つける」指出一正著

 今、東京的な価値観ではなく、地方の暮らしや文化の中に価値を見いだそうとする平成生まれの若者たちが増加しているという。そんな地方を元気に面白くしていく担い手「ローカルヒーロー」の活躍を紹介するリポート。

 新潟県十日町市などで活動する「パーリー建築」は20代男子3人の建築集団。彼らは、依頼された場所に住み込んで、地域の人を巻き込み、空間づくりをエンターテインメントやイベントにしてしまう。その他、東日本大震災のボランティアで訪ねた宮城県気仙沼市唐桑町に移住した「ペンターン女子」、商業写真の開祖の地である静岡県下田市で、地域の魅力をSNSで発信する「下田写真部」など。

 地元の底力を引き出す若者たちの生き方、働き方に注目。(ポプラ社 800円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    元TOKIO山口達也が5億円豪邸売却へ 収入失い債務資金枯渇

  2. 2

    オリラジ中田が消えたワケ…妥当すぎる正論コメントがアダ

  3. 3

    写真誌に撮られた休日の有働アナに「私服がダサい」の声が

  4. 4

    退所しても人気絶大 ジャニーズは3日やったらやめられない

  5. 5

    国会大幅延長は安倍3選のためか 総裁選工作に血税90億円

  6. 6

    手越がトドメに? 日テレの情報番組からジャニタレ一掃も

  7. 7

    「すれ違いが原因」に違和感 NHK桑子アナの離婚の真相は?

  8. 8

    X JAPAN・ToshI バラエティーで引っ張りだこの意外な理由

  9. 9

    手越の未成年飲酒報道で狂い始めた NEWS小山の7月復帰計画

  10. 10

    マキタスポーツらFA成功も…お笑い芸人に大淘汰時代の到来

もっと見る