「ぼくらは地方で幸せを見つける」指出一正著

公開日:  更新日:

 今、東京的な価値観ではなく、地方の暮らしや文化の中に価値を見いだそうとする平成生まれの若者たちが増加しているという。そんな地方を元気に面白くしていく担い手「ローカルヒーロー」の活躍を紹介するリポート。

 新潟県十日町市などで活動する「パーリー建築」は20代男子3人の建築集団。彼らは、依頼された場所に住み込んで、地域の人を巻き込み、空間づくりをエンターテインメントやイベントにしてしまう。その他、東日本大震災のボランティアで訪ねた宮城県気仙沼市唐桑町に移住した「ペンターン女子」、商業写真の開祖の地である静岡県下田市で、地域の魅力をSNSで発信する「下田写真部」など。

 地元の底力を引き出す若者たちの生き方、働き方に注目。(ポプラ社 800円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    地方は“安倍自民NO” 高知新聞「内閣支持率26%」の衝撃

  2. 2

    年商200億円の深キョン新恋人 “ホコリだらけ”の女性遍歴

  3. 3

    菊川怜の夫は裁判沙汰に…女性芸能人が“成金”を選ぶリスク

  4. 4

    JOC会長を猛批判 小池知事に長男・竹田恒泰氏との“因縁”

  5. 5

    高校ラグビー決勝戦で話題に 各地の「桐蔭」の由来は?

  6. 6

    カリスマ経営者が警告「リーマンに近いことに」の現実味

  7. 7

    「団十郎」襲名の海老蔵が「白猿」に込めた暴行事件の自戒

  8. 8

    実業家と交際報道も…深田恭子と亀梨の“愛犬散歩”目撃情報

  9. 9

    社員に聞いた 深田恭子を射止めた41歳スゴ腕経営者の評判

  10. 10

    30歳適齢期は昔話 石原さとみ&深田恭子が結婚しないワケ

もっと見る