「忍者の掟」川上仁一著

公開日:  更新日:

 甲賀流伴党21代宗師家の著者が、忍者・忍術の世界を紹介する手引書。

 元和4(1618)年に書かれた兵学書「軍法侍用集」に当時の忍びの術について詳細な記述があることから、忍者・忍術は室町時代以前から実在していたことは間違いないという。戦争の際に必要な攪乱奇襲の戦法や、諜報謀略の手法は各地にそれぞれあったが、中でもそれを得意としたのが伊賀衆、甲賀衆という集団で、その集団の技術にたけた人たちが「忍び」だったと思われる。

 敵対関係と思われがちな伊賀流と甲賀流だが、実は異名同流なのだという。そうした忍者・忍術の起源から、自ら体験した忍者修行、そして口伝による忍者の教えを解説。門外不出の史料も公開し、忍者の真の姿を伝える。(KADOKAWA 900円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    安倍首相は「年金資産」を北方領土とバーターする気だった

  2. 2

    安藤サクラに朝ドラ奪われ…満島ひかり“超ワガママ”の裏側

  3. 3

    大谷のア新人王を非難 東地区2球団の投手陣が右肘を狙う

  4. 4

    大みそかToshlとYOSHIKI“バラ売り” 「X JAPAN」どうなる?

  5. 5

    豊洲市場の事故現場は“血の海”だった…目撃者は顔面蒼白

  6. 6

    大人も答えられない「正しいあいさつ」を小2に押しつけ

  7. 7

    新人王でも来季は年俸7500万円 大谷の「大型契約」はいつ?

  8. 8

    エ軍が大谷の復帰に慎重姿勢 あの日本人投手が反面教師に

  9. 9

    「人の税金で学校」麻生大臣また舌禍で安倍政権の公約破壊

  10. 10

    白鵬が帰化決断 稀勢の里凋落でモンゴル勢が土俵“再支配”

もっと見る