「長友佑都のヨガ友 ココロとカラダを変える新感覚トレーニング」

公開日:

 サッカー日本代表の長友佑都が、所属クラブであるイタリア・セリエAの名門インテルで実践しているヨガを伝授する。

 決して体格に恵まれているとはいえない長友は、これまで何度もケガに見舞われ、苦しい時期を過ごすことも多かった。しかし、ヨガをやり始めた後から「関節の可動域が広がり、プレーにも柔軟性をもたせることができ、パフォーマンスは上がりましたし、ケガもしなくなりました」という。

 本書で紹介されている「ヨガ友」は、“鍛える”という体幹トレーニングの要素と、“柔らかくする・心を落ち着かせる”というヨガの要素を組み合わせた長友オリジナル。基礎代謝が上がることによるダイエット効果や、肩凝り、腰痛、頭痛、不眠、疲労なども改善が期待できるという。

 すぐに実践できる簡単なポーズから、体幹トレーニングや脱力トレーニングを組み合わせた上級者向けのプログラムも紹介されている。

 付属の約45分のDVD映像でも分かりやすく解説してくれる。(飛鳥新社 1296円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    菊川怜の夫は裁判沙汰に…女性芸能人が“成金”を選ぶリスク

  2. 2

    売り込みは好調も…河野景子“豪邸ローン2億円”の逼迫台所

  3. 3

    引退の稀勢の里を支える“太いタニマチ”と6000万円の退職金

  4. 4

    「ストライクが入らない」フランスアは高知で泣いていた

  5. 5

    安倍官邸“大号令”か 厚労省「実質賃金上昇率」水増し工作

  6. 6

    首相の姓を? 永田町に飛び交う新年号に「安」採用プラン

  7. 7

    辺野古「県民投票」不参加表明 沖縄県“アベ友”5市長の評判

  8. 8

    “第2のサンゴ虚報事件”で思い出す安倍首相の朝日新聞批判

  9. 9

    広島・誠也が打点王宣言も “新3番”長野に丸の代役務まるか

  10. 10

    長野以外にGベテランリスト漏れ 広島“ポロリ発言”の波紋

もっと見る