• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

「長友佑都のヨガ友 ココロとカラダを変える新感覚トレーニング」

 サッカー日本代表の長友佑都が、所属クラブであるイタリア・セリエAの名門インテルで実践しているヨガを伝授する。

 決して体格に恵まれているとはいえない長友は、これまで何度もケガに見舞われ、苦しい時期を過ごすことも多かった。しかし、ヨガをやり始めた後から「関節の可動域が広がり、プレーにも柔軟性をもたせることができ、パフォーマンスは上がりましたし、ケガもしなくなりました」という。

 本書で紹介されている「ヨガ友」は、“鍛える”という体幹トレーニングの要素と、“柔らかくする・心を落ち着かせる”というヨガの要素を組み合わせた長友オリジナル。基礎代謝が上がることによるダイエット効果や、肩凝り、腰痛、頭痛、不眠、疲労なども改善が期待できるという。

 すぐに実践できる簡単なポーズから、体幹トレーニングや脱力トレーニングを組み合わせた上級者向けのプログラムも紹介されている。

 付属の約45分のDVD映像でも分かりやすく解説してくれる。(飛鳥新社 1296円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    太った? 元AKB小嶋陽菜のムッチリ体型にファン容赦なし

  2. 2

    ZOZO社長とW杯決勝観戦 剛力彩芽“はじけっぷり”に心配の声

  3. 3

    豪雨初動遅れも反省なし…安倍政権が強弁するウソと言い訳

  4. 4

    英紙も警告 2020年の東京五輪は“殺人オリンピック”になる

  5. 5

    検察は動くか アベトモ古屋議員に裏金疑惑が浮上 

  6. 6

    ロッテは身売り否定も…ZOZO前澤氏が招く“球界再編”第2幕

  7. 7

    河野外相ツイートが炎上 切望した外遊の中身は“観光”同然

  8. 8

    「別に」から完全復活…沢尻エリカは豹変したか猫かぶりか

  9. 9

    改元は来年…残るオウム受刑者は「恩赦」の対象になるのか

  10. 10

    助っ人はベンチに 阪神・金本監督はロサリオが嫌いなのか

もっと見る