「長友佑都のヨガ友 ココロとカラダを変える新感覚トレーニング」

公開日:

 サッカー日本代表の長友佑都が、所属クラブであるイタリア・セリエAの名門インテルで実践しているヨガを伝授する。

 決して体格に恵まれているとはいえない長友は、これまで何度もケガに見舞われ、苦しい時期を過ごすことも多かった。しかし、ヨガをやり始めた後から「関節の可動域が広がり、プレーにも柔軟性をもたせることができ、パフォーマンスは上がりましたし、ケガもしなくなりました」という。

 本書で紹介されている「ヨガ友」は、“鍛える”という体幹トレーニングの要素と、“柔らかくする・心を落ち着かせる”というヨガの要素を組み合わせた長友オリジナル。基礎代謝が上がることによるダイエット効果や、肩凝り、腰痛、頭痛、不眠、疲労なども改善が期待できるという。

 すぐに実践できる簡単なポーズから、体幹トレーニングや脱力トレーニングを組み合わせた上級者向けのプログラムも紹介されている。

 付属の約45分のDVD映像でも分かりやすく解説してくれる。(飛鳥新社 1296円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    安藤サクラに朝ドラ奪われ…満島ひかり“超ワガママ”の裏側

  2. 2

    安倍首相は「年金資産」を北方領土とバーターする気だった

  3. 3

    大谷のア新人王を非難 東地区2球団の投手陣が右肘を狙う

  4. 4

    日産ゴーン逮捕の裏側と今後 衝撃はこれからが本番だ<上>

  5. 5

    新人王でも来季は年俸7500万円 大谷の「大型契約」はいつ?

  6. 6

    交渉前に「お断り」…FA浅村に蹴飛ばされたオリの自業自得

  7. 7

    エ軍が大谷の復帰に慎重姿勢 あの日本人投手が反面教師に

  8. 8

    ソフトBが“相場破壊” 浅村に大魔神&松井超えの札束用意か

  9. 9

    大みそかToshlとYOSHIKI“バラ売り” 「X JAPAN」どうなる?

  10. 10

    大人も答えられない「正しいあいさつ」を小2に押しつけ

もっと見る