• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

巨匠誕生の予感 彼はヒトの心理をコントロールする名人だ

「スマホを落としただけなのに」 志駕晃著/宝島社

 私は普段フィクションを読まない。嫌いなのではなく、読む時間が取れないからだ。

 今回読んだのは、10年ほど前に一緒に仕事をしたラジオ番組のディレクターが、ミステリー本を出したと聞いたから。だから、正直あまり期待していなかったのだが、読み始めると夢中になって、深夜1時まで一気に読み進めてしまった。

 物語は、主人公がタクシー乗車時にスマホを落とすことから始まる。それを拾ったのが、IT技術に長けた変質者の殺人鬼だった。殺人鬼は、拾ったスマホから主人公の個人情報を暴き、主人公の恋人に横恋慕する。そこから、主人公とその恋人は、トラブルの連続に巻き込まれていく。そして物語の最後には、想像を絶する大どんでん返しが待ち受けているのだ。

 本書は、ミステリーという範疇に収まらないカテゴリーキラーだ。SNSやスマホのリスクに警鐘を鳴らすドキュメンタリーでもあり、刑事ものの推理小説であり、猟奇もののホラー小説でもある。

 ただ、本書の一番の長所は、スピード感だ。テンポがよい一つの理由は、無駄な言葉を極限まで削り、簡潔に描写していることだ。もう一つの理由は、構成が巧みなことだ。主人公カップルの言い合い、犯人を追う警察官のやりとり、そして殺人鬼の緻密な行動が、絶妙のタイミングで場面転換していく。新人作家にできる芸当ではない。

 そして、私が一番感動したのは、殺人鬼の克明な心理描写だ。著者は、ヒトの心理をコントロールする名人だ。昔、ラジオ番組の放送中に、著者がこう言った。

「森永さん、いまこのタイミングで、バラードをBGMでゆっくり入れると出演者が泣きますよ」

 その後、出演者は本当に泣いた。

 本書では、著者のそうした心理分析能力がいかんなく発揮されている。ただ、それだけではないかもしれない。殺人鬼が抱える性的妄想のリアリティーが半端ではないからだ。著者は、スマートで、温厚な紳士なのだが、その本質は、とんでもない変質者なのではないかと疑ってしまったほどだ。

 いずれにしても、これだけ心を揺さぶられるミステリーに出合える機会はめったにない。巨匠誕生の予感がする。

★★★(選者・森永卓郎)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    「言論の自由がない」D.スペクターさん東京五輪狂騒に苦言

  2. 2

    沖縄県知事選で“黒歴史”隠し 佐喜真候補にもう一つの疑惑

  3. 3

    ファン心配…築地「吉野家1号店」営業終了で店長はどこへ

  4. 4

    “元彼”と同時引退? 幻に消えた安室奈美恵の「再婚」報道

  5. 5

    「江戸むらさき」磯山良司さんが実家ラーメン店で働くワケ

  6. 6

    BTSとのコラボ中止に賛否 顔に泥塗られた秋元康“次の一手”

  7. 7

    台湾4割スラッガー王柏融めぐり 巨人vs阪神で争奪戦勃発

  8. 8

    安倍首相が総裁選で獲得 地方票「55%」の怪しいカラクリ

  9. 9

    ベンチの焦りが選手に伝染 今季巨人のBクラス争いは必然

  10. 10

    K-POPガールズ空前のブーム レコード会社熾烈争奪戦の行方

もっと見る