「ニャンニャンにゃんそろじー」町田康ほか著

公開日: 更新日:

 島田魁は11年前から京の西本願寺で守衛をしている。日勤の守衛がしかめっ面をして「またあの猫がいるんです」と言う。闇の中にいる黒猫を見つめていると、声が聞こえた。――すまん、あんたがどないかしてくれたんやな。相手はどないなやつやった? その声は数十年前に死んだ男の声だった。

 魁は若い頃、剣術の道場で知り合った永倉新八に誘われて浪士組に入り、隊の内外を監視する〈監察〉を務めた。黒猫を見るたびに、魁の耳に既に死んだ、あのころの隊士たちの声が聞こえるようになり、思い出したくないことまでよみがえらせた。(小松エメル著「黒猫」)

 町田康、有川浩らが書いた猫の短編や、ねこまき作のマンガなど9編。(講談社 1400円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    「一軒家」逆転で…「イッテQ!」に意外なリストラ候補が

  2. 2

    ソフトBがメジャー1巡目指名19歳獲り 米有望株なぜ日本へ

  3. 3

    大混戦必至の参院東京選挙区 有力美人候補4人は全員当選か

  4. 4

    新天皇にもやるのか トランプ“ポンポン握手”に外務省恐々

  5. 5

    “マクロ経済スライド”で40代、50代の年金は今後どうなる

  6. 6

    国分太一「ビビット」降板…TOKIOに囁かれる“空中分解説”

  7. 7

    いまさら聞けない年金受給 59歳から始める満額もらう準備

  8. 8

    理由は子どもだけか 磯野貴理子“2度目離婚”芸能記者の見方

  9. 9

    白血病新薬にケチ…命を費用対効果で語る麻生氏に批判殺到

  10. 10

    不快。大嫌い。しかし、こやつの話からわかったこともある

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る