「ニャンニャンにゃんそろじー」町田康ほか著

公開日:

 島田魁は11年前から京の西本願寺で守衛をしている。日勤の守衛がしかめっ面をして「またあの猫がいるんです」と言う。闇の中にいる黒猫を見つめていると、声が聞こえた。――すまん、あんたがどないかしてくれたんやな。相手はどないなやつやった? その声は数十年前に死んだ男の声だった。

 魁は若い頃、剣術の道場で知り合った永倉新八に誘われて浪士組に入り、隊の内外を監視する〈監察〉を務めた。黒猫を見るたびに、魁の耳に既に死んだ、あのころの隊士たちの声が聞こえるようになり、思い出したくないことまでよみがえらせた。(小松エメル著「黒猫」)

 町田康、有川浩らが書いた猫の短編や、ねこまき作のマンガなど9編。(講談社 1400円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    M4~5級が異例頻発…南海トラフ地震「1~2年後」と専門家

  2. 2

    外国人技能実習生「怪死」にチラつく“反社会的勢力”の影

  3. 3

    キンプリ早くも「嫌いなジャニーズ」に…なぜアンチ多い?

  4. 4

    難役を次々好演…林遣都は主役を光らせる最高の助演男優

  5. 5

    志村けんの「酒・カネ・オンナ」68歳の優雅な独身貴族生活

  6. 6

    長谷川博己と破局報道 鈴木京香「もう育てきった」の真意

  7. 7

    セクゾ松島もパニック障害…ジャニーズで病欠が相次ぐワケ

  8. 8

    日ハムと巨人では“雲泥の差” 注目2球団補強の中身と狙い

  9. 9

    13勝左腕ガルシアと破談…怒り心頭の中日が疑う“巨人の影”

  10. 10

    肺病の赤ん坊に客が1stクラスを 母親の感謝投稿に圧倒共感

もっと見る