「ニャンニャンにゃんそろじー」町田康ほか著

公開日: 更新日:

 島田魁は11年前から京の西本願寺で守衛をしている。日勤の守衛がしかめっ面をして「またあの猫がいるんです」と言う。闇の中にいる黒猫を見つめていると、声が聞こえた。――すまん、あんたがどないかしてくれたんやな。相手はどないなやつやった? その声は数十年前に死んだ男の声だった。

 魁は若い頃、剣術の道場で知り合った永倉新八に誘われて浪士組に入り、隊の内外を監視する〈監察〉を務めた。黒猫を見るたびに、魁の耳に既に死んだ、あのころの隊士たちの声が聞こえるようになり、思い出したくないことまでよみがえらせた。(小松エメル著「黒猫」)

 町田康、有川浩らが書いた猫の短編や、ねこまき作のマンガなど9編。(講談社 1400円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    博多大吉とデート報道 赤江珠緒が気を揉む"あの男"の存在

  2. 2

    役者はセリフが命…山P「インハンド」にブーイングのワケ

  3. 3

    好調"月9"を牽引 本田翼が放つ強烈オーラと現場での気配り

  4. 4

    安倍首相に怯える公明 増税延期解散なら小選挙区壊滅危機

  5. 5

    横綱白鵬に帰化を決意させた朝青龍とのギスギスした因縁

  6. 6

    かつて石原プロ解散を踏み止まらせた舘ひろしの男気発言

  7. 7

    ショーケンに渡哲也が激怒した“東映京都撮影所騒動”の顛末

  8. 8

    主演映画が大コケ…高橋一生は「東京独身男子」で見納めか

  9. 9

    専門家が分析「亀と山P」春ドラマ対決の“勝者”はどっち?

  10. 10

    女優と歌手で本格復帰も…柴咲コウを縛る“三足目のワラジ”

もっと見る