「小鳥冬馬の心像」石川智健著

公開日:  更新日:

 強迫神経症で引きこもり、親の遺産で食いつないでいる小鳥冬馬は、なぜか安楽椅子に座ると不安が高まり、異様なまでの集中力を発揮した。加害者恐怖があり、問題を解決しなければ自分が傷つけたと思い込む冬馬の性質を逆手に取って、同級生で刑事の青山は捜査協力を要請している。

 あるとき、渋谷区の高級住宅街の路上で女性が殺された。警察は被害者の夫を疑うが、唯一の目撃者は否定。事件は迷宮入りかと思われたが、冬馬の指摘に従い現場付近の高級車を調べた青山は、殺人の証拠を掴む。これで一件落着と思ったが、今度は夫婦の5歳の娘が行方不明に……。

 引きこもりの“不安椅子”探偵と刑事コンビの活躍を描く新感覚ミステリー。

 (光文社 1700円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    女が嫌いな女3位 伊藤綾子が暗示する“におわせメッセージ”

  2. 2

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  3. 3

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  4. 4

    ファン心配…築地「吉野家1号店」営業終了で店長はどこへ

  5. 5

    安倍首相が怯える 近畿財務局“森友キーマン”証人尋問Xデー

  6. 6

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  7. 7

    妻のがん治療のため売却した愛車が…17年後の家族愛の物語

  8. 8

    狙われる関ジャニ∞…錦戸&大倉“ベッド写真”流出の裏事情

  9. 9

    妊娠を“計画”発表…前田敦子「デキ婚」かたくな否定のウラ

  10. 10

    樹木希林さんも別居婚 民法上の気になること弁護士に聞く

もっと見る