「小鳥冬馬の心像」石川智健著

公開日:  更新日:

 強迫神経症で引きこもり、親の遺産で食いつないでいる小鳥冬馬は、なぜか安楽椅子に座ると不安が高まり、異様なまでの集中力を発揮した。加害者恐怖があり、問題を解決しなければ自分が傷つけたと思い込む冬馬の性質を逆手に取って、同級生で刑事の青山は捜査協力を要請している。

 あるとき、渋谷区の高級住宅街の路上で女性が殺された。警察は被害者の夫を疑うが、唯一の目撃者は否定。事件は迷宮入りかと思われたが、冬馬の指摘に従い現場付近の高級車を調べた青山は、殺人の証拠を掴む。これで一件落着と思ったが、今度は夫婦の5歳の娘が行方不明に……。

 引きこもりの“不安椅子”探偵と刑事コンビの活躍を描く新感覚ミステリー。

 (光文社 1700円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    原監督は喜色満面だったが…FA丸獲得で巨人が買った“火種”

  2. 2

    ゴーン起訴・再逮捕がトドメ…拍車がかかる特捜部解体論

  3. 3

    二階幹事長“重病説”で急浮上「後任本命に竹下亘氏」の狙い

  4. 4

    安倍首相の“言葉遊び”を超えた詐欺師の手法はいずれバレる

  5. 5

    好きな女子アナに異変…弘中綾香&宇垣美里が好かれるワケ

  6. 6

    まさか飲酒? 深夜の議員宿舎で維新の議員がド派手な事故

  7. 7

    広島はマネーゲームせず…丸にも最後は“渋チン”貫いた理由

  8. 8

    SNS全盛時代に学ぶ 明石家さんまの金言「丸裸にならない」

  9. 9

    丸の“広島エキス”が原監督の狙い G若手を待つ地獄の練習量

  10. 10

    キミを守れなかった…金本擁護から逃げた坂井信也オーナー

もっと見る