「小鳥冬馬の心像」石川智健著

公開日: 更新日:

 強迫神経症で引きこもり、親の遺産で食いつないでいる小鳥冬馬は、なぜか安楽椅子に座ると不安が高まり、異様なまでの集中力を発揮した。加害者恐怖があり、問題を解決しなければ自分が傷つけたと思い込む冬馬の性質を逆手に取って、同級生で刑事の青山は捜査協力を要請している。

 あるとき、渋谷区の高級住宅街の路上で女性が殺された。警察は被害者の夫を疑うが、唯一の目撃者は否定。事件は迷宮入りかと思われたが、冬馬の指摘に従い現場付近の高級車を調べた青山は、殺人の証拠を掴む。これで一件落着と思ったが、今度は夫婦の5歳の娘が行方不明に……。

 引きこもりの“不安椅子”探偵と刑事コンビの活躍を描く新感覚ミステリー。

 (光文社 1700円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    大阪W選は自民リード…松井一郎氏“落選危機”で維新真っ青

  2. 2

    事実上のクビ…イチロー現役引退の裏にマリナーズとの暗闘

  3. 3

    「めちゃイケ」終了1年…雛形あきこと鈴木紗理奈の現在地

  4. 4

    安倍政権がシッポ切り JOC竹田会長を待つ仏当局の本格捜査

  5. 5

    JOC後任会長の最有力 山下泰裕氏の評判と“先祖返り”懸念

  6. 6

    20代美女と醜聞発覚 田原俊彦の“業界評”が真っ二つのワケ

  7. 7

    韓国が騒然…空軍基地「ミサイル誤射事故」の衝撃と波紋

  8. 8

    不倫訴訟報道の後藤真希…ブログの私生活も虚像だったのか

  9. 9

    指導者に興味なしイチローにオリックス「オーナー」就任案

  10. 10

    大阪市西成区あいりん地区 唐突すぎる“中華街構想”の行方

もっと見る