成田空港開港阻止に殉じた学生たちの「いま」

公開日:  更新日:

 海外旅行で成田空港を使うたび、三里塚闘争を思い出して後ろめたい思いがこみ上げてくる……。そんな意味のことを、かつて野坂昭如がどこかに書いていた。いま、この「後ろめたさ」の意味をわかる者はどのぐらいいるだろう。来週末封切りの代島治彦監督「三里塚のイカロス」はそんな感慨をうながすドキュメンタリーだ。

 登場するのは成田空港の開港阻止闘争に殉じたかつての若者たち。その全員が既に60歳を過ぎ、運命に導かれるように、三里塚を離れても農民として暮らしている。実はこの作品、3年前に公開された「三里塚に生きる」(大津幸四郎・代島治彦共同監督)の続編で、「生きる」が反対同盟の農民たちの「いま」を追ったのに対し、こちらは「援農」として支援闘争に参加した元新左翼学生たちの「いま」をたどるのである。

 登場するのは中核派の元慶大生、第4インターの元立命館大生に元高校生、そして支援した農家に嫁入りしたML派の元お茶女大生に元東京学芸大生……。学生運動は三里塚闘争で初めて「農」と出合い、「土」にまみれた。題名の「イカロス」は太陽に近づき過ぎて翼をもがれ墜落死したギリシャ神話の主人公の名前だが、むしろ彼らは「農」と一つになることでバブル時代の堕落を逃れたとみることもできるだろう。

 鈴木一誌ほか著「小川プロダクション『三里塚の夏』を観る――映画から読み解く成田闘争」(太田出版 3333円+税)はそんな可能性も示唆する、映画史上に名高いドキュメンタリー作品のDVD付き論集。

 <生井英考>

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    「誰のおかげで飯食ってんだよ」同年代アイドルの怒声に…

  2. 2

    五輪イメージ悪化…安倍政権が描く竹田会長追放のシナリオ

  3. 3

    NGT48メンバーは自宅に男が 地方アイドルが苦しむジレンマ

  4. 4

    「史上最弱横綱」稀勢の里を生んだ“機能不全”横審の大罪

  5. 5

    稀勢の里“ガチンコ横綱”の限界…過信と疲労蓄積で自滅連敗

  6. 6

    「カープに恩義ある」引き抜きを断り続ける目利きスカウト

  7. 7

    統計調査不正を逆利用 安倍首相がもくろむ政権浮揚プラン

  8. 8

    仏捜査のJOC会長の長男 竹田恒泰氏“父擁護”のトンデモ発言

  9. 9

    稀勢の里引退決断 歴代最低“36勝36敗97休”の不名誉記録

  10. 10

    「いだてん」低迷は想定内 NHK大河にクドカン起用の狙い

もっと見る