「その日の後刻に」グレイス・ペイリー著、村上春樹訳

公開日:  更新日:

 中国旅行をしている22人のアメリカ人は、みんな中国革命や中国人民に恋をしている観光客だった。

 ところがある日、旅行サービスの政治指導委員のミスター・ウォンが、あなたがたは中国の人民を愛してはいないと非難した。許可もなく写真を撮ったと。老人が太極拳をしたり、服飾業の職人がバラをスケッチしている写真を撮ったとき、誰かが「あなたの写真を撮ってもかまいませんか?」と聞くのを忘れたのだろうか。

 ウォンは、フレデリックが、荷車を引く貧しい農夫の写真を撮ったと言い、さらに彼が製麺工場に侵入したと。(「どこか別のところ」)

 アメリカのカリスマ作家の17編の短編と、エッセー、ロングインタビューを収載。

(文藝春秋 1850円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  2. 2

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  3. 3

    安倍首相が怯える 近畿財務局“森友キーマン”証人尋問Xデー

  4. 4

    19歳ガングロで起業し注目「ギャル社長」藤田志穂さんは今

  5. 5

    台湾4割スラッガー王柏融めぐり 巨人vs阪神で争奪戦勃発

  6. 6

    大坂なおみが目指すWTAファイナル “超VIP待遇”の仰天全貌

  7. 7

    「黄昏流星群」も フジドラマ放送前に打ち上げ続々のワケ

  8. 8

    高校68本塁打 早実野村プロ入り決意の裏にソフトB王会長

  9. 9

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  10. 10

    “猫の目”打線にも順応 ソフトB中村は打順を選ばぬ仕事人

もっと見る