• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

「その日の後刻に」グレイス・ペイリー著、村上春樹訳

 中国旅行をしている22人のアメリカ人は、みんな中国革命や中国人民に恋をしている観光客だった。

 ところがある日、旅行サービスの政治指導委員のミスター・ウォンが、あなたがたは中国の人民を愛してはいないと非難した。許可もなく写真を撮ったと。老人が太極拳をしたり、服飾業の職人がバラをスケッチしている写真を撮ったとき、誰かが「あなたの写真を撮ってもかまいませんか?」と聞くのを忘れたのだろうか。

 ウォンは、フレデリックが、荷車を引く貧しい農夫の写真を撮ったと言い、さらに彼が製麺工場に侵入したと。(「どこか別のところ」)

 アメリカのカリスマ作家の17編の短編と、エッセー、ロングインタビューを収載。

(文藝春秋 1850円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    関西圏から勧誘 花咲徳栄の岩井監督に聞く「選手集め」

  2. 2

    逸材ゴロゴロ 夏の甲子園“契約金1億円”ドラ1候補7人の名前

  3. 3

    12年を経て…リア・ディゾンが明かした「黒船」の重圧と今

  4. 4

    秋田・金足農の中泉監督が語る 球児の体力と練習の今昔

  5. 5

    国会議員は7割支持でも…安倍首相を襲う「地方票」の乱

  6. 6

    異例の事態 「翁長知事死去」海外メディア続々報道のワケ

  7. 7

    広島・丸と西武・浅村めぐり…巨・神でFA補強争奪戦が勃発

  8. 8

    スパイ容疑で拘束 北朝鮮に通った39歳日本人男性の行状

  9. 9

    スピード婚と長すぎる春 結婚生活が長持ちするのはどっち

  10. 10

    安倍3選確実といわれる総裁選で国民に問われていること

もっと見る