「カミカゼの邦」神野オキナ著

公開日:  更新日:

 魚釣島に入った日本人を中国人民解放軍が拘束したことを契機に、戦争へと突入した中国と日本。主人公の渋谷賢雄は、戦場と化した沖縄で琉球義勇軍に参加し、生き残りをかけた戦いを始めた。

 仲間となったのは、狙撃手の淀川裕樹やヤクザ者の諸見座晄三郎、殺人に快楽を覚える嘉和ユウスケのほか、たまたま修学旅行で沖縄に来ていて戦闘に巻き込まれた高校教師の政長恭子と生徒の結城真琴ら。

 人を野獣へと変える血みどろの戦いをくぐり抜けた後、苛立ちを抱えたまま東京に降り立った渋谷のもとに、かつての仲間たちが集まり始めた。ここで新たな戦いが始まるのだが……。

 著者は、2000年にファミ通文庫から刊行された「闇色の戦天使(ダークネス・ウォーエンジェル)」でデビューして以来、主にライトノベルの分野で活躍してきた沖縄生まれの作家。本書では、サバイバルの地と化した沖縄と戦後の東京を、冷酷かつエロチックな筆致で真正面から描いている。

(徳間書店 1900円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    安倍政権に財界ソッポ 目玉の「原発輸出」日立凍結で全滅

  2. 2

    賀来賢人「今日から俺は」が日テレドラマのトップ走るワケ

  3. 3

    「今日俺」人気を陰で支えた“カメレオン俳優”太賀の底力

  4. 4

    嫌われクロちゃんが一転…キャバ嬢に大人気の意外な理由

  5. 5

    嶋大輔が復活!「今日俺」でのリバイバルに本人びっくり

  6. 6

    北島三郎復帰に“禁じ手” 平成最後のNHK紅白は無法地帯に

  7. 7

    和田アキ子の大晦日が“空白” NHK紅白サプライズ出演あるか

  8. 8

    長谷川博己と破局報道 鈴木京香「もう育てきった」の真意

  9. 9

    中日から強奪は“吉”か 虎入り確実ガルシアに3つの懸念材料

  10. 10

    キンプリ早くも「嫌いなジャニーズ」に…なぜアンチ多い?

もっと見る