「西郷どんとよばれた男」原口泉著

公開日:  更新日:

 西郷隆盛は島津家の下級藩士の出身であることは知られているが、最下級の「御小姓与」で貧しくはあっても、ルーツは室町時代の南朝の忠臣、菊池武光という名門だった。かつて住んでいた肥後の国菊池郡西郷村を本貫としたことから、武光の七世の子孫が薩摩に移り住んだ後、西郷姓にしたという。徳川2代将軍・秀忠の生母、西郷局や、大河ドラマ「八重の桜」に登場した会津藩家老、西郷頼母も菊池氏の出だといわれ、戊辰戦争で戦った薩摩と江戸・会津に同じ菊池氏の子孫がいたことになる。

 ほかに、上野公園の西郷隆盛の銅像が軍服でなく筒袖の着物姿になったいきさつなど、西郷隆盛に関する情報が詰まった一冊。

(NHK出版 1100円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  2. 2

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  3. 3

    安倍首相が怯える 近畿財務局“森友キーマン”証人尋問Xデー

  4. 4

    19歳ガングロで起業し注目「ギャル社長」藤田志穂さんは今

  5. 5

    台湾4割スラッガー王柏融めぐり 巨人vs阪神で争奪戦勃発

  6. 6

    大坂なおみが目指すWTAファイナル “超VIP待遇”の仰天全貌

  7. 7

    「黄昏流星群」も フジドラマ放送前に打ち上げ続々のワケ

  8. 8

    高校68本塁打 早実野村プロ入り決意の裏にソフトB王会長

  9. 9

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  10. 10

    “猫の目”打線にも順応 ソフトB中村は打順を選ばぬ仕事人

もっと見る