• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

「西郷どんとよばれた男」原口泉著

 西郷隆盛は島津家の下級藩士の出身であることは知られているが、最下級の「御小姓与」で貧しくはあっても、ルーツは室町時代の南朝の忠臣、菊池武光という名門だった。かつて住んでいた肥後の国菊池郡西郷村を本貫としたことから、武光の七世の子孫が薩摩に移り住んだ後、西郷姓にしたという。徳川2代将軍・秀忠の生母、西郷局や、大河ドラマ「八重の桜」に登場した会津藩家老、西郷頼母も菊池氏の出だといわれ、戊辰戦争で戦った薩摩と江戸・会津に同じ菊池氏の子孫がいたことになる。

 ほかに、上野公園の西郷隆盛の銅像が軍服でなく筒袖の着物姿になったいきさつなど、西郷隆盛に関する情報が詰まった一冊。

(NHK出版 1100円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    関西圏から勧誘 花咲徳栄の岩井監督に聞く「選手集め」

  2. 2

    12年を経て…リア・ディゾンが明かした「黒船」の重圧と今

  3. 3

    秋田・金足農の中泉監督が語る 球児の体力と練習の今昔

  4. 4

    国会議員は7割支持でも…安倍首相を襲う「地方票」の乱

  5. 5

    逸材ゴロゴロ 夏の甲子園“契約金1億円”ドラ1候補7人の名前

  6. 6

    広島・丸と西武・浅村めぐり…巨・神でFA補強争奪戦が勃発

  7. 7

    異例の事態 「翁長知事死去」海外メディア続々報道のワケ

  8. 8

    スパイ容疑で拘束 北朝鮮に通った39歳日本人男性の行状

  9. 9

    安倍3選確実といわれる総裁選で国民に問われていること

  10. 10

    ちばてつや氏「権力者にを堂々とものを言える国であって」

もっと見る