「脳の意識 機械の意識 脳神経科学の挑戦」渡辺正峰著

公開日:  更新日:

 21世紀は「心の世紀」と言われる。人の高等な脳の動きが分子レベルで解明されるのではないか、と期待されているからだ。その研究成果はいずれ脳の機械化につながるに違いない。

 本書は脳神経科学の専門家である著者が、物質と電気的・科学的反応の集合体に過ぎない脳から、なぜ「意識」が生まれるか、に迫ったもの。さらに、さまざまな知見から人工意識の可能性にも切り込んでいる。DNAの二重らせん構造を発見し、意識の科学の黎明期に貢献したクリックは「あなたはニューロンの塊に過ぎない」と言ったそうだが、この本を読めば意識がなぜ脳に宿るかの不思議に気づかされるはずだ。

(中公新書 920円+税)



日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    豊洲市場の事故現場は“血の海”だった…目撃者は顔面蒼白

  2. 2

    関根正裕×江上剛 総会屋事件対応した2人が語る今の銀行界

  3. 3

    鼻を突く生臭さ…豊洲市場の内外で漂い始めた「腐敗臭」

  4. 4

    ネットに顔さらされた運転手はホリエモンを訴えられる?

  5. 5

    袴田吉彦と“アパ不倫”の真麻さん 新恋人との「結婚」激白

  6. 6

    たけし軍団で活躍 宮崎に移住した大森うたえもんさんは今

  7. 7

    森友問題のキーマン 体調不良を理由に「出廷拒否」の仰天

  8. 8

    元武富士ダンサーズ 大西裕貴子さんが明かす“CM撮影秘話”

  9. 9

    豊洲市場開場から1カ月…腐敗臭に続きの床が「穴」だらけ

  10. 10

    ホクロ除去した宮沢りえ 本当の目的は森田剛との“妊活”か

もっと見る