「木島日記 もどき開口」大塚英志著

公開日:

 奇怪な仮面をかぶり、古書店「八坂堂」の店主にして、「この世にあってはならぬもの」を仕分けする木島平八郎。女嫌いの民俗学者、折口信夫。そして霊的能力をもつ少女・美蘭(メイファン)。この奇妙な3人が活躍する〈木島日記〉シリーズの16年ぶりの最新作。

 発端は、八坂堂に持ち込まれた一冊の本。太平洋の底に沈んだ「ミュー大陸」について書かれたもので、この翻訳を折口が手がけることになる。そして……と筋書きを続けたいが、ここから物語は夢と迷宮の世界に入り込んでいく。まず語り手が次々と代わっていき、登場するキャラクターの属性もくるくると変転していく。さらには、関東大震災で虐殺されたはずの大杉栄が過去から召喚されたり、時間と空間が歪められていく。そして、折口の師である日本民俗学の創始者、柳田国男がラスボスのごとく登場してきて、物語は混沌の度合いを深めていく。筋を追うのではなく、この虚実入り乱れためくるめく世界にひたすら浸ることになる。まさに読書の快楽を供する一書。

(KADOKAWA 2200円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    FA浅村の楽天入り決定 ソフトBは“赤っ恥”で来季へ遺恨残す

  2. 2

    金銭より年数で…FA浅村の楽天入りは“ゆとり世代”ならでは

  3. 3

    特捜部を待つゴーンの徹底抗戦 “人質司法”には絶対屈しない

  4. 4

    ロッテに対抗し青天井 巨人がFA丸に5年35億~40億円の狂気

  5. 5

    清水国明は68歳で第5子 芸能界“高齢パパ”の気になる共通項

  6. 6

    先輩2人が大減俸…オリFA西「2度目の交渉」は別れの挨拶か

  7. 7

    提示は5億円減 オリ金子「自由契約ある」で巨人入り怪情報

  8. 8

    BTSと東方神起は紅白落選…TWICEだけが残ったワケ

  9. 9

    実はボンボン 桜田大臣“大工あがりの叩き上げ”は経歴詐称

  10. 10

    交渉前に「お断り」…FA浅村に蹴飛ばされたオリの自業自得

もっと見る