「木島日記 もどき開口」大塚英志著

公開日:

 奇怪な仮面をかぶり、古書店「八坂堂」の店主にして、「この世にあってはならぬもの」を仕分けする木島平八郎。女嫌いの民俗学者、折口信夫。そして霊的能力をもつ少女・美蘭(メイファン)。この奇妙な3人が活躍する〈木島日記〉シリーズの16年ぶりの最新作。

 発端は、八坂堂に持ち込まれた一冊の本。太平洋の底に沈んだ「ミュー大陸」について書かれたもので、この翻訳を折口が手がけることになる。そして……と筋書きを続けたいが、ここから物語は夢と迷宮の世界に入り込んでいく。まず語り手が次々と代わっていき、登場するキャラクターの属性もくるくると変転していく。さらには、関東大震災で虐殺されたはずの大杉栄が過去から召喚されたり、時間と空間が歪められていく。そして、折口の師である日本民俗学の創始者、柳田国男がラスボスのごとく登場してきて、物語は混沌の度合いを深めていく。筋を追うのではなく、この虚実入り乱れためくるめく世界にひたすら浸ることになる。まさに読書の快楽を供する一書。

(KADOKAWA 2200円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    長野以外にGベテランリスト漏れ 広島“ポロリ発言”の波紋

  2. 2

    巨人ナインに深刻“長野ロス”…超気配り男の逸話伝説も数々

  3. 3

    裏交渉も暴露され…ロシア人も哀れむ安倍政権“土下座”外交

  4. 4

    自公3分の2圧勝シナリオ 1.28通常国会“冒頭解散説”急浮上

  5. 5

    海老蔵は“秒読み”? 没イチ男性が死別再婚する時の注意点

  6. 6

    仏当局捜査“飛び火”か 五輪裏金疑惑で日本政界が戦々恐々

  7. 7

    経団連会長が転換 「原発どんどん再稼働」に飛び交う憶測

  8. 8

    また生え抜き看板…巨人“大チョンボ”長野流出の真相と波紋

  9. 9

    アニキが勧誘も…前広島・新井が「阪神コーチ」断っていた

  10. 10

    初登場G球場で“孤独トレ” 丸は巨人で「我」を貫けるのか

もっと見る