「笑劇の人生」芦屋小雁著

公開日:  更新日:

 芸歴70年を迎えた関西芸能界重鎮の自伝。

 昭和8(1933)年、氏は6人兄弟の5番目として京都で誕生。実家は友禅染の工場を営んでいた。幼いころから、祖母に連れられ芝居小屋に通い、映画館にも入り浸り、役者に弟子入り志願したこともあったという。

 戦後の混乱期、小学校を中退して職を転々とした末に映画の絵看板の仕事に就いた氏だが、父親の勧めで15歳のときに兄の雁之助と漫才コンビを結成。旅回りで出会った司会者が藤田まことだった。

 その後、放送作家・花登筺に誘われラジオに進出、そして草創期のテレビでドラマ「番頭はんと丁稚どん」で一躍人気者になっていく。芸人仲間の思い出や、年の差婚で騒がれたプライベートまで、その軌跡から戦後上方芸能の歴史が浮かび上がる。(新潮社 720円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    女が嫌いな女3位 伊藤綾子が暗示する“におわせメッセージ”

  2. 2

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  3. 3

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  4. 4

    安倍首相が怯える 近畿財務局“森友キーマン”証人尋問Xデー

  5. 5

    ファン心配…築地「吉野家1号店」営業終了で店長はどこへ

  6. 6

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  7. 7

    大坂なおみが目指すWTAファイナル “超VIP待遇”の仰天全貌

  8. 8

    メジャーGMも視察 加熱する菊池雄星争奪戦“禁じ手”の恐れ

  9. 9

    スワロフスキー7500個「100万円ベビーカー」の乗り心地は

  10. 10

    34万「いいね!」 配達員が92歳女性に示した小さな親切

もっと見る