「笑劇の人生」芦屋小雁著

公開日: 更新日:

 芸歴70年を迎えた関西芸能界重鎮の自伝。

 昭和8(1933)年、氏は6人兄弟の5番目として京都で誕生。実家は友禅染の工場を営んでいた。幼いころから、祖母に連れられ芝居小屋に通い、映画館にも入り浸り、役者に弟子入り志願したこともあったという。

 戦後の混乱期、小学校を中退して職を転々とした末に映画の絵看板の仕事に就いた氏だが、父親の勧めで15歳のときに兄の雁之助と漫才コンビを結成。旅回りで出会った司会者が藤田まことだった。

 その後、放送作家・花登筺に誘われラジオに進出、そして草創期のテレビでドラマ「番頭はんと丁稚どん」で一躍人気者になっていく。芸人仲間の思い出や、年の差婚で騒がれたプライベートまで、その軌跡から戦後上方芸能の歴史が浮かび上がる。(新潮社 720円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    メジャー野球もチクリと イチロー引退会見で露呈した本音

  2. 2

    竹田JOC会長が仏当局の聴取に「黒塗り」報告書提出のア然

  3. 3

    事実上のクビ…イチロー現役引退の裏にマリナーズとの暗闘

  4. 4

    有村架純「ひよっこ」は「サザエさん」「渡鬼」になれるか

  5. 5

    MC復帰でバッシングも想定内? 河野景子の“したたか”戦略

  6. 6

    作家・吉川潮氏が分析 イチロー引退会見で感じた“不快感”

  7. 7

    「おおらかにやりたいが…」元“満塁男”駒田徳広さんの葛藤

  8. 8

    新元号の有力候補やはり「安」が? すでに皇太子に提示か

  9. 9

    初版1万7000部も実売は…河野景子の“暴露本”売れてるの?

  10. 10

    ロケット団・三浦昌朗が明かす「死ぬしかない」と涙した夜

もっと見る