「海を渡った人類の遥かな歴史」B・フェイガン著、東郷えりか訳

公開日:  更新日:

 古代海洋民の航海の実態とその動機に迫った歴史テキスト。

 東南アジアの狩猟民の子孫は、少なくとも5万年前には現在のニューギニアやオーストラリアに渡り、やがて太平洋南西部一帯に入植していったという。一方、紀元前3000年ごろには、考古学者がラピタ人と呼ぶ海洋民の新たな世代が、はるかポリネシアとの境にあるフィジー島まで島から島へと旅するようになった。エーゲ海でも遅くとも紀元前8000年には人々は島々を自在に横断するようになっていた。人の移動を証明する黒曜石や陶片、本来生息していなかったはずの動植物の研究などから、それらが分かるという。

 大航海時代よりもはるか前、世界の各海域で、海に乗り出した人類の足跡を追う。(河出書房新社 1200円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    女が嫌いな女3位 伊藤綾子が暗示する“におわせメッセージ”

  2. 2

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  3. 3

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  4. 4

    安倍首相が怯える 近畿財務局“森友キーマン”証人尋問Xデー

  5. 5

    ファン心配…築地「吉野家1号店」営業終了で店長はどこへ

  6. 6

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  7. 7

    メジャーGMも視察 加熱する菊池雄星争奪戦“禁じ手”の恐れ

  8. 8

    大坂なおみが目指すWTAファイナル “超VIP待遇”の仰天全貌

  9. 9

    スワロフスキー7500個「100万円ベビーカー」の乗り心地は

  10. 10

    「黄昏流星群」も フジドラマ放送前に打ち上げ続々のワケ

もっと見る