「海を渡った人類の遥かな歴史」B・フェイガン著、東郷えりか訳

公開日:  更新日:

 古代海洋民の航海の実態とその動機に迫った歴史テキスト。

 東南アジアの狩猟民の子孫は、少なくとも5万年前には現在のニューギニアやオーストラリアに渡り、やがて太平洋南西部一帯に入植していったという。一方、紀元前3000年ごろには、考古学者がラピタ人と呼ぶ海洋民の新たな世代が、はるかポリネシアとの境にあるフィジー島まで島から島へと旅するようになった。エーゲ海でも遅くとも紀元前8000年には人々は島々を自在に横断するようになっていた。人の移動を証明する黒曜石や陶片、本来生息していなかったはずの動植物の研究などから、それらが分かるという。

 大航海時代よりもはるか前、世界の各海域で、海に乗り出した人類の足跡を追う。(河出書房新社 1200円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    安倍政権に財界ソッポ 目玉の「原発輸出」日立凍結で全滅

  2. 2

    嫌われクロちゃんが一転…キャバ嬢に大人気の意外な理由

  3. 3

    長谷川博己と破局報道 鈴木京香「もう育てきった」の真意

  4. 4

    賀来賢人「今日から俺は」が日テレドラマのトップ走るワケ

  5. 5

    キンプリ早くも「嫌いなジャニーズ」に…なぜアンチ多い?

  6. 6

    動くとビキニが…水原希子“透け映えコーデ”に会場クギづけ

  7. 7

    NHK紅白なのに“特別枠”ばかり 平成最後はご都合主義の極み

  8. 8

    嶋大輔が復活!「今日俺」でのリバイバルに本人びっくり

  9. 9

    石崎ひゅーいとは破局か “共演者キラー”蒼井優の次の相手

  10. 10

    お笑い界追放か とろサーモン久保田の“有名だった酒グセ”

もっと見る