「底辺キャバ嬢、アジアでナンバー1になる」カワノアユミ著

公開日: 更新日:

 18歳で親元を飛び出し、都内の六本木に住み、キャバ嬢をやっていた、自称“やる気のないキャバ嬢”の著者。

 ある日、香港初の日本人キャバクラのオープニングに合わせて、「働きに行かないか」と誘われた。日給3万円、10日間で30万円は悪くない。行ってみると、その店はビルの最上階のフロアを丸々使った豪華店で、客の香港人から「日本人の女の子には1晩10万円出すっていう人もいっぱいいるよ」と聞かされた。

 そして十数年後、散々遊び尽くした彼女は日本を飛び出し、タイを振り出しに、香港、シンガポール、ベトナム、カンボジア、マレーシアへ。本書は、6カ国、15回におよぶアジア夜遊び放浪記だ。

「香港における日本人キャバクラの値段は、韓国女性より安い1時間500香港ドル(約7000円)」など最新夜遊び情報もたっぷり。

(イースト・プレス 1300円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    軽率さ変わらぬ石田純一 東尾理子に見放され離婚へ一直線

  2. 2

    「半沢直樹」新ステージは“vs東京乾電池”柄本明より注目は

  3. 3

    グロッキーな安倍首相 小池知事の“夏休み妨害”に怒り心頭

  4. 4

    安倍首相の体調不良説に拍車 高級ジム滞在「3時間半」の裏

  5. 5

    コソコソ逃げる安倍首相は、なぜそんなに会見が嫌なのか?

  6. 6

    綾瀬はるか熱愛報道から1カ月 周辺でハプニング続々のナゼ

  7. 7

    半沢直樹を下支えする肝っ玉母 菅野美穂と上戸彩の共通点

  8. 8

    キムタク長女が破局 ハンパが許せなかった工藤静香の怒り

  9. 9

    山下智久 現役JKお持ち帰り報道で忍び寄る“最悪シナリオ”

  10. 10

    サザンも山下達郎も参戦 大盛況オンラインライブの銭勘定

もっと見る