「底辺キャバ嬢、アジアでナンバー1になる」カワノアユミ著

公開日: 更新日:

 18歳で親元を飛び出し、都内の六本木に住み、キャバ嬢をやっていた、自称“やる気のないキャバ嬢”の著者。

 ある日、香港初の日本人キャバクラのオープニングに合わせて、「働きに行かないか」と誘われた。日給3万円、10日間で30万円は悪くない。行ってみると、その店はビルの最上階のフロアを丸々使った豪華店で、客の香港人から「日本人の女の子には1晩10万円出すっていう人もいっぱいいるよ」と聞かされた。

 そして十数年後、散々遊び尽くした彼女は日本を飛び出し、タイを振り出しに、香港、シンガポール、ベトナム、カンボジア、マレーシアへ。本書は、6カ国、15回におよぶアジア夜遊び放浪記だ。

「香港における日本人キャバクラの値段は、韓国女性より安い1時間500香港ドル(約7000円)」など最新夜遊び情報もたっぷり。

(イースト・プレス 1300円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    “安倍1強”に早くも暗雲 参院選の「前哨戦」で自民敗北危機

  2. 2

    事実上のクビ…イチロー現役引退の裏にマリナーズとの暗闘

  3. 3

    エリカ様は張り込み班に「なに撮ってんだよばかやろう!」

  4. 4

    伝説の麻薬Gメンが指摘 ピエール瀧コカイン常習の“証拠”

  5. 5

    不倫訴訟報道の後藤真希…ブログの私生活も虚像だったのか

  6. 6

    現実から目を背けるために過去を「いじくり廻してゐる」

  7. 7

    安倍首相が“偽装”の施政方針演説 英訳でも錯覚工作の傲慢

  8. 8

    京都に“愛の新居”報道…それでも鈴木京香が結婚しない理由

  9. 9

    世界1位奪取にルノー日産が画策?自動車業界大再編の予兆

  10. 10

    記者に華奢な手を差し出し…葉月里緒奈に感じた“魔性の女”

もっと見る