• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

「ほどほどのすすめ」池田清彦著

 東大の高橋迪雄(みちお)名誉教授によれば、人間は穀類を食べるようになってから働かざるを得なくなったという。動物には必須アミノ酸の摂取が欠かせないが、ライオンはタンパク質を少しだけ取って後は寝て暮らす。

 一方、草はほとんどが炭水化物でタンパク質はわずかだから、草食動物は大量の草を食べなくてはならず、しかも炭水化物のエネルギーを消費するために体を動かさなくてはならない。人間も狩猟採集民だった頃は少しだけ食べ物を取れば足りたのに、農耕民になってから過剰エネルギーを解消するためにせっせと労働するようになったのだ。

 読むと、ワーカホリックから抜け出せそうな気になる本。

(さくら舎 1400円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    “元彼”と同時引退? 幻に消えた安室奈美恵の「再婚」報道

  2. 2

    狙われる関ジャニ∞…錦戸&大倉“ベッド写真”流出の裏事情

  3. 3

    台湾4割スラッガー王柏融めぐり 巨人vs阪神で争奪戦勃発

  4. 4

    崩れた圧勝皮算用 安倍3選という「終わりの始まり」<上>

  5. 5

    内部留保が過去最高446兆円 貯め込んでいる大企業はココだ

  6. 6

    安倍首相が総裁選で獲得 地方票「55%」の怪しいカラクリ

  7. 7

    花田家は崩壊寸前…貴乃花親方は協会批判し妻は見舞い拒否

  8. 8

    今季でクビの選手が続出? 阪神“不良債権”11億円の中身

  9. 9

    虎最下位で金本続投白紙…後任に掛布・岡田という“断末魔”

  10. 10

    安室奈美恵9.16引退余話 沖縄への“置き土産”は数十億円

もっと見る