「流出した日本美術の至宝」中野明著

公開日:

 日本の貴重な美術品が明治維新の混乱の中、海外に流出した。

 その原点は、政府による廃仏毀釈。中でも興福寺の五重塔を取り壊すことで落札が行われ、さらに焼き払おうとしたが、類焼を恐れる周辺住民の訴えで、取りやめになったという。

 美術品を救ったのが、ものを見る目を持った外国人たちで、たとえば、アーネスト・フェノロサは日本美術の研究者としても名高く、その収集した国宝級の作品はいまではボストン美術館に収蔵されている。現代に目を移すと、若冲ブームの火付け役となったジョー・プライスもその一人だ。

 日本では捨て値同然だった古美術品に群がる外国人コレクターたちが繰り広げた美術品争奪戦を、当時の記録をたどって読み解く。

(筑摩書房 1700円+税)


日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    実はボンボン 桜田大臣“大工あがりの叩き上げ”は経歴詐称

  2. 2

    安藤サクラに朝ドラ奪われ…満島ひかり“超ワガママ”の裏側

  3. 3

    ロッテに対抗し青天井 巨人がFA丸に5年35億~40億円の狂気

  4. 4

    FA丸は残留が本音か “契約年数”上積みなら広島に勝機あり

  5. 5

    キムタクと2ショット解禁 コウキ操る静香のシタタカ戦略

  6. 6

    倉科カナが三くだり半…竹野内豊“結婚しない男”の罪深さ

  7. 7

    原巨人ため息…“陰のMVP”天敵フランスアは広島であと5年

  8. 8

    6億円&原監督のメッセージ…巨人「FA炭谷取り」真の狙い

  9. 9

    陰惨な事態…高校生の「言論の自由」が脅かされている衝撃

  10. 10

    “PC打てない”桜田大臣 ツイッターで大島優子フォローの謎

もっと見る