• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

「流出した日本美術の至宝」中野明著

 日本の貴重な美術品が明治維新の混乱の中、海外に流出した。

 その原点は、政府による廃仏毀釈。中でも興福寺の五重塔を取り壊すことで落札が行われ、さらに焼き払おうとしたが、類焼を恐れる周辺住民の訴えで、取りやめになったという。

 美術品を救ったのが、ものを見る目を持った外国人たちで、たとえば、アーネスト・フェノロサは日本美術の研究者としても名高く、その収集した国宝級の作品はいまではボストン美術館に収蔵されている。現代に目を移すと、若冲ブームの火付け役となったジョー・プライスもその一人だ。

 日本では捨て値同然だった古美術品に群がる外国人コレクターたちが繰り広げた美術品争奪戦を、当時の記録をたどって読み解く。

(筑摩書房 1700円+税)


日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    「稼いだのは1カ月…」ブレークから10年たった鼠先輩は今

  2. 2

    “元彼”と同時引退? 幻に消えた安室奈美恵の「再婚」報道

  3. 3

    沖縄県知事選 玉城デニー氏「ひとつになって前進すべき」

  4. 4

    プーチンに後から反論…安倍首相“フェイク発言”の苦し紛れ

  5. 5

    抑え崩壊で接戦恐怖症 巨人最後の手段は「守護神・菅野」

  6. 6

    今季でクビの選手が続出? 阪神“不良債権”11億円の中身

  7. 7

    19歳ガングロで起業し注目「ギャル社長」藤田志穂さんは今

  8. 8

    巨人と西武のオーナーが示唆も…「監督続投要請」の吉凶

  9. 9

    富士山大噴火 気象研「降灰量シミュレーション」の衝撃

  10. 10

    OBも疑心暗鬼 巨人・由伸監督“続投示唆”から急失速のナゾ

もっと見る