「流出した日本美術の至宝」中野明著

公開日:

 日本の貴重な美術品が明治維新の混乱の中、海外に流出した。

 その原点は、政府による廃仏毀釈。中でも興福寺の五重塔を取り壊すことで落札が行われ、さらに焼き払おうとしたが、類焼を恐れる周辺住民の訴えで、取りやめになったという。

 美術品を救ったのが、ものを見る目を持った外国人たちで、たとえば、アーネスト・フェノロサは日本美術の研究者としても名高く、その収集した国宝級の作品はいまではボストン美術館に収蔵されている。現代に目を移すと、若冲ブームの火付け役となったジョー・プライスもその一人だ。

 日本では捨て値同然だった古美術品に群がる外国人コレクターたちが繰り広げた美術品争奪戦を、当時の記録をたどって読み解く。

(筑摩書房 1700円+税)


日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    「誰のおかげで飯食ってんだよ」同年代アイドルの怒声に…

  2. 2

    CM中止で加速…NGT48イジメの構図と暴行事件の“犯人”探し

  3. 3

    引退の稀勢の里を支える“太いタニマチ”と6000万円の退職金

  4. 4

    前のめり安倍首相に露が食わす「条文作成」の毒まんじゅう

  5. 5

    仏捜査のJOC会長の長男 竹田恒泰氏“父擁護”のトンデモ発言

  6. 6

    「史上最弱横綱」稀勢の里を生んだ“機能不全”横審の大罪

  7. 7

    専門医は「説明不能」…米11歳少女の悪性脳腫瘍が消えた!

  8. 8

    NGT48メンバーは自宅に男が 地方アイドルが苦しむジレンマ

  9. 9

    安倍首相の「フェイク発言」を追及しない本土のマスコミ

  10. 10

    今度は連ドラ初出演…田中みな実“媚びた笑顔”に隠れた野心

もっと見る