「百貨店の展覧会」志賀健二郎著

公開日: 更新日:

 百貨店といえば高品質商品を販売しているというイメージがあるが、一方で、販売を目的としない文化的な催し物を頻繁に行ってきた。その歴史は1904年の三越に始まり、特に戦後は都心の百貨店が競うように取り組んだ。

 展示されたものは多岐にわたる。国宝級の美術品のみならず、今では多くの美術館で当たり前に扱われている写真、映像、漫画などサブカルチャー的な展覧会も比較的早い時期から展示していた。

 そして50年代からは寺社展を中心に国宝・重文などの文化財による展覧会を頻繁に開催してきた。

 こうした展覧会は企業の社会貢献といった肩肘張ったことでなく、日常の営業の中で行われてきたという。

 百貨店展覧会の歴史を網羅的にまとめた貴重な記録。 (筑摩書房 2500円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    豪邸が粉々…ベイルートを逃げ出したゴーン被告が向かう先

  2. 2

    堀田茜と紫吹淳も離脱…オスカー崩壊の裏に恐怖の社内改革

  3. 3

    南野陽子再ブレーク!「半沢直樹」で狙いのねっとり関西弁

  4. 4

    レバノン大爆発…逃亡したゴーン被告に迫る深刻な危機

  5. 5

    台紙の上部には見えないのに下部にだけ広がる「斜線」の謎

  6. 6

    米倉涼子は独立から半年 次回作が決まらない「2つの理由」

  7. 7

    これはやりすぎ…夫の浮気現場でCA妻が取った驚きの行動

  8. 8

    定規で測ったように一角だけ絹目が見えないラミネート跡

  9. 9

    半沢直樹を下支えする肝っ玉母 菅野美穂と上戸彩の共通点

  10. 10

    三浦春馬「14年ギャラクシー賞」贈賞式ドタキャンの不可解

もっと見る