「百貨店の展覧会」志賀健二郎著

公開日:  更新日:

 百貨店といえば高品質商品を販売しているというイメージがあるが、一方で、販売を目的としない文化的な催し物を頻繁に行ってきた。その歴史は1904年の三越に始まり、特に戦後は都心の百貨店が競うように取り組んだ。

 展示されたものは多岐にわたる。国宝級の美術品のみならず、今では多くの美術館で当たり前に扱われている写真、映像、漫画などサブカルチャー的な展覧会も比較的早い時期から展示していた。

 そして50年代からは寺社展を中心に国宝・重文などの文化財による展覧会を頻繁に開催してきた。

 こうした展覧会は企業の社会貢献といった肩肘張ったことでなく、日常の営業の中で行われてきたという。

 百貨店展覧会の歴史を網羅的にまとめた貴重な記録。 (筑摩書房 2500円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    伊集院静氏が指摘 今の65歳から80歳が日本をダメにした

  2. 2

    小橋健太さんが明かす 先輩レスラーたちの凄まじい飲み方

  3. 3

    フジ月9「SUITS」 視聴率“2ケタ死守”ほぼ確定も残る不安

  4. 4

    月9「SUITS」で高評価 鈴木保奈美の豪華衣装と着こなし方

  5. 5

    M4~5級が異例頻発…南海トラフ地震「1~2年後」と専門家

  6. 6

    火野正平との醜聞が話題に 元祖バラドル小鹿みきさんは今

  7. 7

    中日から強奪は“吉”か 虎入り確実ガルシアに3つの懸念材料

  8. 8

    13勝左腕ガルシアと破談…怒り心頭の中日が疑う“巨人の影”

  9. 9

    「興味ない」から余計に怖い…上沼恵美子“女帝”たるゆえん

  10. 10

    銀シャリ鰻和弘が語る 父の借金で取り立て続いた少年時代

もっと見る