「劉裕」小前亮著

公開日: 更新日:

 4世紀末の東晋では、孝武帝の弟、司馬道子が実権を握っていた。孝武帝が愛妾に殺された時、司馬道子は皇太子を即位させて傀儡とした。敵対する貴族の王恭は反乱を起こすが、司馬道子の息子、司馬元顕の命を受けた劉牢之に処刑される。

 博打に明け暮れていた劉裕は、母親代わりに育ててくれた叔母に意見されて北府軍に入り、劉牢之の部下になった。反乱軍の偵察に向かった時、敵に遭遇して隊長が「かかれ」と叫んだ。ところが、相手は偵察部隊ではなく本隊で、1000人以上はいる。劉裕は大剣を振り回し、たったひとりで敵を殲滅する。その活躍で名を上げて、やがて将軍に……。宋を建国した劉裕の疾風怒濤の生涯を描く。

 (講談社 1850円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    キムタク長女が破局 ハンパが許せなかった工藤静香の怒り

  2. 2

    三浦春馬さんに金銭を無心か…「母親の過去」と死の動機

  3. 3

    三浦春馬さん“遺書”に記された孤独と苦心惨憺…鬱状態にも

  4. 4

    “手越砲”被弾のAKB柏木由紀 アイドル道と強心臓に揺ぎなし

  5. 5

    三浦春馬「14年ギャラクシー賞」贈賞式ドタキャンの不可解

  6. 6

    山下智久 現役JKお持ち帰り報道で忍び寄る“最悪シナリオ”

  7. 7

    三浦春馬さん“前兆なき死”の謎…直前に何か物凄いことが?

  8. 8

    死者・重症者が8月急増「9月が怖い」の声と安倍首相の無策

  9. 9

    野党「合流新党」は150人規模の勢力に 分裂期待の自民落胆

  10. 10

    グロッキーな安倍首相 小池知事の“夏休み妨害”に怒り心頭

もっと見る