「劉裕」小前亮著

公開日:

 4世紀末の東晋では、孝武帝の弟、司馬道子が実権を握っていた。孝武帝が愛妾に殺された時、司馬道子は皇太子を即位させて傀儡とした。敵対する貴族の王恭は反乱を起こすが、司馬道子の息子、司馬元顕の命を受けた劉牢之に処刑される。

 博打に明け暮れていた劉裕は、母親代わりに育ててくれた叔母に意見されて北府軍に入り、劉牢之の部下になった。反乱軍の偵察に向かった時、敵に遭遇して隊長が「かかれ」と叫んだ。ところが、相手は偵察部隊ではなく本隊で、1000人以上はいる。劉裕は大剣を振り回し、たったひとりで敵を殲滅する。その活躍で名を上げて、やがて将軍に……。宋を建国した劉裕の疾風怒濤の生涯を描く。

 (講談社 1850円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    安藤サクラに朝ドラ奪われ…満島ひかり“超ワガママ”の裏側

  2. 2

    FA丸は残留が本音か “契約年数”上積みなら広島に勝機あり

  3. 3

    実はボンボン 桜田大臣“大工あがりの叩き上げ”は経歴詐称

  4. 4

    キムタクと2ショット解禁 コウキ操る静香のシタタカ戦略

  5. 5

    交渉前に「お断り」…FA浅村に蹴飛ばされたオリの自業自得

  6. 6

    ロッテに対抗し青天井 巨人がFA丸に5年35億~40億円の狂気

  7. 7

    原巨人ため息…“陰のMVP”天敵フランスアは広島であと5年

  8. 8

    6億円&原監督のメッセージ…巨人「FA炭谷取り」真の狙い

  9. 9

    FA浅村の楽天入り決定 ソフトBは“赤っ恥”で来季へ遺恨残す

  10. 10

    逮捕飛び火の小池知事 “ゴーンイズム”心酔アピールの過去

もっと見る