「人を見る目」保阪正康著

公開日:

 東西の古典をひもとき、古今変わらぬ人間の本性をあぶりだした人間観察エッセー。

「お追従」の項では、古代ギリシャのアテネの広場で人間を見続けた哲学者テオプラストスの著作「人さまざま」の一節を取り上げ、へつらう相手の権力が大きいほど、見返りを期待すればするほど、お追従の姿は醜くなると説く。昭和10年代の陸軍もお追従を競い合い、陸軍大将の東条英機からしてお追従が大好きで、目をかけた人間のみ周囲に集めたといい、東条にへつらうのを公然と拒否する人間がいれば戦争の内実も変わっていたに違いないと指摘する。

 そのほか、「パンセ」や「徒然草」などを読み解きながら、昭和史に踊ったおせっかいな人や横柄な人、臆病者の生態を描き出す。

 (新潮社 760円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    また仰天答弁…桜田五輪相は地元も見放した“柏の出川哲朗”

  2. 2

    片山大臣が一転弱気 カレンダー疑惑“証人続々”に戦々恐々

  3. 3

    オークラを提訴 久兵衛に危惧されるホテル業界の総スカン

  4. 4

    BTSと東方神起は紅白落選…TWICEだけが残ったワケ

  5. 5

    毒づきがアダに…和田アキ子"平成ラスト紅白"落選は当然か

  6. 6

    新人王でも来季は年俸7500万円 大谷の「大型契約」はいつ?

  7. 7

    “原爆Tシャツ”波紋のBTS 「紅白落選」の影響と隠れた本音

  8. 8

    原爆Tシャツ、ナチス帽…「BTS」日本への“本格進出”は白紙

  9. 9

    東電に8兆円超も税金投入…政府や電力会社がおかしい!

  10. 10

    エ軍が大谷の復帰に慎重姿勢 あの日本人投手が反面教師に

もっと見る