「人を見る目」保阪正康著

公開日:

 東西の古典をひもとき、古今変わらぬ人間の本性をあぶりだした人間観察エッセー。

「お追従」の項では、古代ギリシャのアテネの広場で人間を見続けた哲学者テオプラストスの著作「人さまざま」の一節を取り上げ、へつらう相手の権力が大きいほど、見返りを期待すればするほど、お追従の姿は醜くなると説く。昭和10年代の陸軍もお追従を競い合い、陸軍大将の東条英機からしてお追従が大好きで、目をかけた人間のみ周囲に集めたといい、東条にへつらうのを公然と拒否する人間がいれば戦争の内実も変わっていたに違いないと指摘する。

 そのほか、「パンセ」や「徒然草」などを読み解きながら、昭和史に踊ったおせっかいな人や横柄な人、臆病者の生態を描き出す。

 (新潮社 760円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    安倍官邸“大号令”か 厚労省「実質賃金上昇率」水増し工作

  2. 2

    「誰のおかげで飯食ってんだよ」同年代アイドルの怒声に…

  3. 3

    引退の稀勢の里を支える“太いタニマチ”と6000万円の退職金

  4. 4

    CM中止で加速…NGT48イジメの構図と暴行事件の“犯人”探し

  5. 5

    前のめり安倍首相に露が食わす「条文作成」の毒まんじゅう

  6. 6

    専門医は「説明不能」…米11歳少女の悪性脳腫瘍が消えた!

  7. 7

    仏捜査のJOC会長の長男 竹田恒泰氏“父擁護”のトンデモ発言

  8. 8

    「史上最弱横綱」稀勢の里を生んだ“機能不全”横審の大罪

  9. 9

    NGT48メンバーは自宅に男が 地方アイドルが苦しむジレンマ

  10. 10

    安倍首相の「フェイク発言」を追及しない本土のマスコミ

もっと見る