「人を見る目」保阪正康著

公開日: 更新日:

 東西の古典をひもとき、古今変わらぬ人間の本性をあぶりだした人間観察エッセー。

「お追従」の項では、古代ギリシャのアテネの広場で人間を見続けた哲学者テオプラストスの著作「人さまざま」の一節を取り上げ、へつらう相手の権力が大きいほど、見返りを期待すればするほど、お追従の姿は醜くなると説く。昭和10年代の陸軍もお追従を競い合い、陸軍大将の東条英機からしてお追従が大好きで、目をかけた人間のみ周囲に集めたといい、東条にへつらうのを公然と拒否する人間がいれば戦争の内実も変わっていたに違いないと指摘する。

 そのほか、「パンセ」や「徒然草」などを読み解きながら、昭和史に踊ったおせっかいな人や横柄な人、臆病者の生態を描き出す。

 (新潮社 760円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    たとえ自分の議席を失ってもすでに山本太郎は勝っている

  2. 2

    安倍自民は大誤算 首都圏は「最後の1議席」が大激戦に

  3. 3

    維新に5.7億円もの“セルフ領収書”疑惑 参院選直撃は必至

  4. 4

    TV局に「元SMAP使うな」ジャニーズ事務所“圧力”の裏の傲慢

  5. 5

    宮川大輔が頓挫…24時間TVマラソンランナー選出のドタバタ

  6. 6

    「西城秀樹のサインはダメ」と叱ったジャニー喜多川さん

  7. 7

    ジャニー氏死去で数々の噂 KinKi“解散秒読み”報道は本当か

  8. 8

    まるで被害者ヅラ 昭恵夫人が応援演説で公選法違反のススメ

  9. 9

    メッキはがれ始めたコウキ ママ静香プロデュースが空回り

  10. 10

    吉本「契約書なし」にカミついたハリセンボン春菜の正論

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る