「浄瑠璃坂の仇討ち」坂本俊夫著

公開日: 更新日:

 仇討ちといえば赤穂浪士の討ち入りが有名だが、実はそれ以前は、仇討ちといえば「浄瑠璃坂の仇討ち」だった。

 赤穂浪士の討ち入りの30年ほど前の寛文12(1672)年の出来事である。

 その4年前に宇都宮城主奥平忠昌の葬儀の場で、家老の奥平隼人と奥平内蔵介が口論し、抜刀しての争いが起きた。その後、内蔵介が切腹を願い出たが許されぬまま、負傷がもとで無念の死を遂げる。隼人には切腹の沙汰がなかったため、不公平と感じた内蔵介の息子、源八と親族らが、3年後、市谷浄瑠璃坂上にある屋敷で隼人を討つという事件である。

「江戸3大仇討ち」のひとつといわれ、赤穂の大石内蔵助が参考にしたという説もある仇討ちを詳細に検証した歴史本。

(現代書館 2000円+税)


日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    たとえ自分の議席を失ってもすでに山本太郎は勝っている

  2. 2

    安倍自民は大誤算 首都圏は「最後の1議席」が大激戦に

  3. 3

    維新に5.7億円もの“セルフ領収書”疑惑 参院選直撃は必至

  4. 4

    TV局に「元SMAP使うな」ジャニーズ事務所“圧力”の裏の傲慢

  5. 5

    宮川大輔が頓挫…24時間TVマラソンランナー選出のドタバタ

  6. 6

    「西城秀樹のサインはダメ」と叱ったジャニー喜多川さん

  7. 7

    ジャニー氏死去で数々の噂 KinKi“解散秒読み”報道は本当か

  8. 8

    まるで被害者ヅラ 昭恵夫人が応援演説で公選法違反のススメ

  9. 9

    メッキはがれ始めたコウキ ママ静香プロデュースが空回り

  10. 10

    吉本「契約書なし」にカミついたハリセンボン春菜の正論

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る