「浄瑠璃坂の仇討ち」坂本俊夫著

公開日:

 仇討ちといえば赤穂浪士の討ち入りが有名だが、実はそれ以前は、仇討ちといえば「浄瑠璃坂の仇討ち」だった。

 赤穂浪士の討ち入りの30年ほど前の寛文12(1672)年の出来事である。

 その4年前に宇都宮城主奥平忠昌の葬儀の場で、家老の奥平隼人と奥平内蔵介が口論し、抜刀しての争いが起きた。その後、内蔵介が切腹を願い出たが許されぬまま、負傷がもとで無念の死を遂げる。隼人には切腹の沙汰がなかったため、不公平と感じた内蔵介の息子、源八と親族らが、3年後、市谷浄瑠璃坂上にある屋敷で隼人を討つという事件である。

「江戸3大仇討ち」のひとつといわれ、赤穂の大石内蔵助が参考にしたという説もある仇討ちを詳細に検証した歴史本。

(現代書館 2000円+税)


日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    桜田大臣に“助っ人”を雇い…安倍首相は海外逃亡の血税浪費

  2. 2

    5億円の攻防へ 阪神「台湾の三冠王」王柏融獲得は苦戦必至

  3. 3

    森友問題の反省ナシ…昭恵夫人が公然と野党批判の“妄言”

  4. 4

    中日・根尾“14歳の冬”の悔恨と決意 野球一本に至る原体験

  5. 5

    メジャー目指す菊池雄星 金銭以外の“希望条件”が明らかに

  6. 6

    ソト天井打に実況絶叫も…東京ドームの限界を評論家が指摘

  7. 7

    ムロツヨシは実はモテ男 「イケメンに見えてくる」の声も

  8. 8

    自粛期間終了? NEWS手越祐也が“六本木に再び出没”情報

  9. 9

    大谷「ア新人王」の陰にイチローの助言と自己チュー貫徹

  10. 10

    巨人が"第3捕手"と"右の代打"に年俸1.5億円ずつは本当か

もっと見る