「浄瑠璃坂の仇討ち」坂本俊夫著

公開日:

 仇討ちといえば赤穂浪士の討ち入りが有名だが、実はそれ以前は、仇討ちといえば「浄瑠璃坂の仇討ち」だった。

 赤穂浪士の討ち入りの30年ほど前の寛文12(1672)年の出来事である。

 その4年前に宇都宮城主奥平忠昌の葬儀の場で、家老の奥平隼人と奥平内蔵介が口論し、抜刀しての争いが起きた。その後、内蔵介が切腹を願い出たが許されぬまま、負傷がもとで無念の死を遂げる。隼人には切腹の沙汰がなかったため、不公平と感じた内蔵介の息子、源八と親族らが、3年後、市谷浄瑠璃坂上にある屋敷で隼人を討つという事件である。

「江戸3大仇討ち」のひとつといわれ、赤穂の大石内蔵助が参考にしたという説もある仇討ちを詳細に検証した歴史本。

(現代書館 2000円+税)


日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    安倍官邸“大号令”か 厚労省「実質賃金上昇率」水増し工作

  2. 2

    「誰のおかげで飯食ってんだよ」同年代アイドルの怒声に…

  3. 3

    引退の稀勢の里を支える“太いタニマチ”と6000万円の退職金

  4. 4

    CM中止で加速…NGT48イジメの構図と暴行事件の“犯人”探し

  5. 5

    前のめり安倍首相に露が食わす「条文作成」の毒まんじゅう

  6. 6

    専門医は「説明不能」…米11歳少女の悪性脳腫瘍が消えた!

  7. 7

    仏捜査のJOC会長の長男 竹田恒泰氏“父擁護”のトンデモ発言

  8. 8

    「史上最弱横綱」稀勢の里を生んだ“機能不全”横審の大罪

  9. 9

    NGT48メンバーは自宅に男が 地方アイドルが苦しむジレンマ

  10. 10

    安倍首相の「フェイク発言」を追及しない本土のマスコミ

もっと見る