「フェイクと憎悪」永田浩三編著

公開日:  更新日:

 今、ネットや書店に、他者を傷つけることが主眼の憎悪があふれている。官邸がリークしたが産経新聞が掲載を見送った、前川喜平前文科省事務次官の出会い系バー問題を、読売新聞が記事にした。マスコミの政権との癒着を疑われてもしかたがない事例だ。

 書店の棚には「嫌中」「嫌韓」本が並ぶ。出版不況下で出版社が「売れるコンテンツ」として嫌韓本やネット右翼系のヘイト記事に飛びついたという。保守論壇は劣化し、安倍政権に批判的な論客は姿を消して、安倍の応援団的な者が重用されている。ジュンク堂書店の店長は、ヘイト本があふれているという現実を可視化するためにあえて棚に並べている。

 ジャーナリストや研究者がマスコミの危機に警鐘を鳴らす一冊。

(大月書店 1800円+税)


日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    “年金博士”警鐘 支給年齢「68歳引き上げ」が意味すること

  2. 2

    早とちり小池知事…都が鑑定の“バンクシー作品”には型紙が

  3. 3

    地方は“安倍自民NO” 高知新聞「内閣支持率26%」の衝撃

  4. 4

    JOC会長を猛批判 小池知事に長男・竹田恒泰氏との“因縁”

  5. 5

    広島対策は“丸投げ”? 巨人スタッフ会議で投打コーチ言及

  6. 6

    常盤貴子「グッドワイフ」上昇のカギは美魔女の輝きと気概

  7. 7

    巨人は先発6人以外“全員中継ぎ” 勝利の方程式を追加構想

  8. 8

    年商200億円の深キョン新恋人 “ホコリだらけ”の女性遍歴

  9. 9

    ドラ1左腕も“被害者”か…岩隈加入で巨人若手が行き場失う

  10. 10

    ボールの下にバットを入れる“ホームラン打法”に対する誤解

もっと見る