「校長、お電話です!」佐川光晴著

公開日:  更新日:

 柴山緑郎、通称シバロクは47歳の若さで母校・百瀬中学の校長に抜擢される。同校は、市長が教育改革の目玉として民間人校長を招いた結果、荒れに荒れた問題校で、シバロクは立て直しを託される。新年度がはじまり20日が経った。ようやく、校長の仕事にも慣れてきた朝、教育事務所の指導主事・幸田から、休職中の女性教諭・石川が自殺を図り病院に運ばれたと連絡が入る。石川は、荒れた生徒たちの対応に疲れ、うつ病を発症していたのだ。数日後、校内でたばこの吸い殻やビールの空き缶が見つかる。夜、卒業生たちが立ち入り、嫌がらせのために置いていったようだ。

 教育現場の実情を伝えながら新米校長の奮闘を描く学校小説。

(双葉社 611円+税)


日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    安藤サクラに朝ドラ奪われ…満島ひかり“超ワガママ”の裏側

  2. 2

    安倍首相は「年金資産」を北方領土とバーターする気だった

  3. 3

    大谷のア新人王を非難 東地区2球団の投手陣が右肘を狙う

  4. 4

    日産ゴーン逮捕の裏側と今後 衝撃はこれからが本番だ<上>

  5. 5

    新人王でも来季は年俸7500万円 大谷の「大型契約」はいつ?

  6. 6

    交渉前に「お断り」…FA浅村に蹴飛ばされたオリの自業自得

  7. 7

    エ軍が大谷の復帰に慎重姿勢 あの日本人投手が反面教師に

  8. 8

    ソフトBが“相場破壊” 浅村に大魔神&松井超えの札束用意か

  9. 9

    大みそかToshlとYOSHIKI“バラ売り” 「X JAPAN」どうなる?

  10. 10

    大人も答えられない「正しいあいさつ」を小2に押しつけ

もっと見る