「校長、お電話です!」佐川光晴著

公開日:  更新日:

 柴山緑郎、通称シバロクは47歳の若さで母校・百瀬中学の校長に抜擢される。同校は、市長が教育改革の目玉として民間人校長を招いた結果、荒れに荒れた問題校で、シバロクは立て直しを託される。新年度がはじまり20日が経った。ようやく、校長の仕事にも慣れてきた朝、教育事務所の指導主事・幸田から、休職中の女性教諭・石川が自殺を図り病院に運ばれたと連絡が入る。石川は、荒れた生徒たちの対応に疲れ、うつ病を発症していたのだ。数日後、校内でたばこの吸い殻やビールの空き缶が見つかる。夜、卒業生たちが立ち入り、嫌がらせのために置いていったようだ。

 教育現場の実情を伝えながら新米校長の奮闘を描く学校小説。

(双葉社 611円+税)


日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    菊川怜の夫は裁判沙汰に…女性芸能人が“成金”を選ぶリスク

  2. 2

    売り込みは好調も…河野景子“豪邸ローン2億円”の逼迫台所

  3. 3

    引退の稀勢の里を支える“太いタニマチ”と6000万円の退職金

  4. 4

    「ストライクが入らない」フランスアは高知で泣いていた

  5. 5

    安倍官邸“大号令”か 厚労省「実質賃金上昇率」水増し工作

  6. 6

    首相の姓を? 永田町に飛び交う新年号に「安」採用プラン

  7. 7

    辺野古「県民投票」不参加表明 沖縄県“アベ友”5市長の評判

  8. 8

    “第2のサンゴ虚報事件”で思い出す安倍首相の朝日新聞批判

  9. 9

    広島・誠也が打点王宣言も “新3番”長野に丸の代役務まるか

  10. 10

    長野以外にGベテランリスト漏れ 広島“ポロリ発言”の波紋

もっと見る