「すごい葬式」小向敦子著

公開日:

 死ぬ前にボケをかまそう――と、「老年学」「笑い学」の気鋭学者が、死に臨んでの笑いを考察した書だ。

 江戸時代の芝居作家・4代目鶴屋南北は自分の葬儀に、喜劇仕立てにした芝居の台本を用意した。1989年、イギリスのコメディアン、グレアム・チャップマンの追悼式典では、仲間が「本人から放送自粛用語『F※※k』を口にしてくれと頼まれた」と、その言葉を発し、笑いに包まれた。2011年に没した立川談志は「雲黒斎家元勝手居士(うんこくさいいえもとかってこじ)」という戒名を生前、自分で付けていた。そうした古今東西の面白い事例と、老化現象を自虐ネタにする、楽しい生前葬を開くなど、凡人も真似られそうなヒントが満載。シニア期に達したら、死をユーモアで飾る助走態勢に入っていこうと誘われる。

 (朝日新聞出版 760円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    豊洲市場の事故現場は“血の海”だった…目撃者は顔面蒼白

  2. 2

    宮沢りえホクロ取って正解? 鑑定歴25年の占い師に聞いた

  3. 3

    森友問題のキーマン 体調不良を理由に「出廷拒否」の仰天

  4. 4

    鼻を突く生臭さ…豊洲市場の内外で漂い始めた「腐敗臭」

  5. 5

    豊洲市場開場から1カ月…腐敗臭に続きの床が「穴」だらけ

  6. 6

    ホクロ除去した宮沢りえ 本当の目的は森田剛との“妊活”か

  7. 7

    カラオケ番組で「素人」得点…武田鉄矢が画面から消えた?

  8. 8

    BTSと東方神起は紅白落選…TWICEだけが残ったワケ

  9. 9

    奇妙な縁が結んだ梅宮辰夫とロバート秋山の幸福な関係

  10. 10

    音痴で恥ずかしい…カラオケ下手が目立たない曲の選び方

もっと見る