「すごい葬式」小向敦子著

公開日:

 死ぬ前にボケをかまそう――と、「老年学」「笑い学」の気鋭学者が、死に臨んでの笑いを考察した書だ。

 江戸時代の芝居作家・4代目鶴屋南北は自分の葬儀に、喜劇仕立てにした芝居の台本を用意した。1989年、イギリスのコメディアン、グレアム・チャップマンの追悼式典では、仲間が「本人から放送自粛用語『F※※k』を口にしてくれと頼まれた」と、その言葉を発し、笑いに包まれた。2011年に没した立川談志は「雲黒斎家元勝手居士(うんこくさいいえもとかってこじ)」という戒名を生前、自分で付けていた。そうした古今東西の面白い事例と、老化現象を自虐ネタにする、楽しい生前葬を開くなど、凡人も真似られそうなヒントが満載。シニア期に達したら、死をユーモアで飾る助走態勢に入っていこうと誘われる。

 (朝日新聞出版 760円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    長野以外にGベテランリスト漏れ 広島“ポロリ発言”の波紋

  2. 2

    裏交渉も暴露され…ロシア人も哀れむ安倍政権“土下座”外交

  3. 3

    巨人ナインに深刻“長野ロス”…超気配り男の逸話伝説も数々

  4. 4

    海老蔵は“秒読み”? 没イチ男性が死別再婚する時の注意点

  5. 5

    自公3分の2圧勝シナリオ 1.28通常国会“冒頭解散説”急浮上

  6. 6

    仏当局捜査“飛び火”か 五輪裏金疑惑で日本政界が戦々恐々

  7. 7

    初登場G球場で“孤独トレ” 丸は巨人で「我」を貫けるのか

  8. 8

    また生え抜き看板…巨人“大チョンボ”長野流出の真相と波紋

  9. 9

    アニキが勧誘も…前広島・新井が「阪神コーチ」断っていた

  10. 10

    USJ導入で注目 深刻な人手不足に「変動料金制」拡大の予感

もっと見る