「ふるさとおれたちの故郷」佐川光晴著

公開日: 更新日:

 震災から1年後、仙台の高校に通う陽介は、札幌の児童養護施設・魴鮄舎でともに中学時代を過ごした親友の卓也と再会する。

 卓也が進学した青森のバレー強豪校と宮城選抜が復興支援の試合を行うことになって、招待されたのだ。卒業後、初めて会う卓也は、U―19にも選抜される選手になっていた。

 その夜、陽介が暮らす寄宿舎で旧交を温めていた2人に、同じ施設出身の奈津から施設を運営する惠子が魴鮄舎を閉鎖するつもりらしいとメールが届く。行政の指導が入り、耐震工事が必要だが、資金がないのが理由らしい。しかし、他にも訳がありそうで、1カ月後、勉強や練習が手につかない陽介や卓也は、札幌に向かう。

 人気シリーズ「おれのおばさん」第1部完結編。

 (集英社 520円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    片山杜秀氏 日本は“束ねられる”ファシズム化が進んでいる

  2. 2

    福山雅治は自宅に帰らず…吹石一恵と「6月離婚説」の真偽

  3. 3

    人気定着だから見えてきた カーシェアの「残念な点」3つ

  4. 4

    巨人菅野の深刻一発病なぜ? 本人や相手打者ら8人に総直撃

  5. 5

    シーズン中に異例の発表 G上原を引退に追い込んだ球威不足

  6. 6

    レオパレス21も標的 旧村上ファンド系が次に狙う会社は?

  7. 7

    “ヨン様そっくり”ぺよん潤 芸人仕事と兼ねる意外な副業

  8. 8

    嫌われアナ1位に浮上 テレ朝・弘中綾香アナ“鋼のメンタル”

  9. 9

    トランプが千秋楽観戦で…正面マス席1000席確保の大困惑

  10. 10

    首位要因は丸だけ?当事者に聞いた原巨人と由伸時代の違い

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る