「没イチ」小谷みどり著

公開日:

 著者は第一生命のライフデザイン研究所で“死の前後”にまつわるテーマで研究している。

 ある朝、目覚めてみたら夫が死んでいた。親族以外に夫の上司に連絡しようと思って、自分が夫の交友関係をほとんど知らないことに気づき、愕然とする。

 葬儀後、夫が過労死だったかもしれないと過労死申請の手続きをすると、夫の同僚から「会社を訴えているらしい」と噂されたが、夫を無駄死にさせたくないと考えた。

 立教セカンドステージ大学で講義をしているとき、妻を亡くした男性と知り合い、「没イチ会」を結成する。一人暮らしで介護が必要になったり、施設に入居しなくてはいけなくなったときなど、いざというときに必要なアドバイスが詰まった頼りになる一冊。

(新潮社 1400円+税)



日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    水道民営化のウラに…麻生財務相“身内に利益誘導”の怪情報

  2. 2

    お笑い界追放か とろサーモン久保田の“有名だった酒グセ”

  3. 3

    M-1芸人の暴言騒動で存在感 上沼恵美子の“女帝エピソード”

  4. 4

    国家公務員ボーナス支給 実は日産ゴーン並みの“過少発表”

  5. 5

    水道民営化で特需か 仏ヴェオリア日本人女性社長の“正体”

  6. 6

    酒グセも告白…キャラ変で復活の夏菜によぎる朝ドラの悪夢

  7. 7

    革新機構社長ブチ切れ会見…経産省「朝礼暮改」の実態暴露

  8. 8

    暴言騒動の久保田&武智…“じゃない方”はブレークの好機か

  9. 9

    長澤まさみが表紙V15 「東宝カレンダー」泣き笑いの面々

  10. 10

    狙いはマクロン降ろしか 黄色いベスト運動にトランプの影

もっと見る