「眩(くらら)」朝井まかて著

公開日:

 絵師・北斎を父に持つお栄は、物心ついたときから絵筆を握ってきた。同業の男と所帯を持ったものの、お栄の頭のなかには絵のことしかなく、やがて離縁。出戻って父の工房で働きながら、自分らしい絵、自分にしか描けない色を求めて模索を続けるが、思うような絵はなかなか描けない。

 そんなある日、お栄は「八犬伝」の挿絵で売れっ子に名を連ねる兄弟子の善次郎(渓斎英泉)もまた、「北斎の再来」以上の存在になれないことに苦しんでいることを知る。数日後、長崎の阿蘭陀商館で働く絵師・川原が工房を訪ねてくる。川原は、阿蘭陀国からの注文だといって、北斎に江戸市中の暮らしを「西画」で描いてほしいと言い出す。

 女絵師・葛飾応為の生涯を描く時代長編。 (新潮社 710円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    M4~5級が異例頻発…南海トラフ地震「1~2年後」と専門家

  2. 2

    水道法改正の裏で…民間業者「水を止める」と住民“脅迫”

  3. 3

    今度は雑誌がバカ売れ…女性の圧倒的支持を得た白石麻衣

  4. 4

    「第2の貴ノ岩」の懸念も…貴乃花が置いていった7人の地雷

  5. 5

    志村けんの「酒・カネ・オンナ」68歳の優雅な独身貴族生活

  6. 6

    偶然なのか…「不適切入試」の医学部はなぜかブラック病院

  7. 7

    4K&8Kテレビの選び方は…両方導入したプロが基礎を解説

  8. 8

    家庭内でも孤立…貴乃花が妻と弟子にした“正座説教”1時間

  9. 9

    専門家が指摘…あおり運転は善良なドライバーもやっている

  10. 10

    上沼恵美子で騒ぐ連中の勉強不足…便乗TVもどうかしている

もっと見る