「眩(くらら)」朝井まかて著

公開日: 更新日:

 絵師・北斎を父に持つお栄は、物心ついたときから絵筆を握ってきた。同業の男と所帯を持ったものの、お栄の頭のなかには絵のことしかなく、やがて離縁。出戻って父の工房で働きながら、自分らしい絵、自分にしか描けない色を求めて模索を続けるが、思うような絵はなかなか描けない。

 そんなある日、お栄は「八犬伝」の挿絵で売れっ子に名を連ねる兄弟子の善次郎(渓斎英泉)もまた、「北斎の再来」以上の存在になれないことに苦しんでいることを知る。数日後、長崎の阿蘭陀商館で働く絵師・川原が工房を訪ねてくる。川原は、阿蘭陀国からの注文だといって、北斎に江戸市中の暮らしを「西画」で描いてほしいと言い出す。

 女絵師・葛飾応為の生涯を描く時代長編。 (新潮社 710円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    池袋を暴走し母娘の命を奪った元通産官僚「記念館」の真偽

  2. 2

    安倍政権GW外遊ラッシュ 13閣僚“海外旅行”に血税5億の衝撃

  3. 3

    吉高「定時で」も視聴率上昇 TBS火曜22時ドラマに“仕掛け”

  4. 4

    応援演説にブーイング 杉田水脈議員が「自ら招いた危険」

  5. 5

    飯島直子は自分のアソコに水着の上からポラで割れ目を…

  6. 6

    立憲民主“三重苦”で…野党結集へ態度一変した枝野氏の焦り

  7. 7

    宇多田ヒカル 時代問わない別次元の才能と“人間活動”で…

  8. 8

    まだ“愛の巣”で生活か? ZOZO前澤社長&剛力彩芽の近況

  9. 9

    GW歴史的10連休でどうなる 身の回りで気になる8つの疑問

  10. 10

    「集団左遷」初回13.8%も…福山雅治“顔芸”への違和感

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る