「青線」八木澤高明著

公開日:

 全国各地の非合法な売春地帯「青線」とその跡地を歩くルポルタージュ。

 公認売春は、江戸時代の吉原に始まり、戦後まで公娼制度によって合法とされてきた。赤線と呼ばれるそうした公認の場所は江戸・明治の遊郭から派生したものが多いが、青線は監視の目を欺くため飲食店を装い、その場所も数もはっきりとしない。1957年の売春防止法以降、娼婦たちが赤線から青線に流れ、青線地帯が売春の中心地になっていったという。

 相模原周辺の米軍基地に駐屯する占領軍の兵士相手にできた町田の青線地帯「とんぼ」や、時効の3週間前に逮捕された殺人犯・福田和子が体を売りながら逃亡生活をつづけた各地の色街など、北海道から沖縄まで青線地帯を歩きながら、土地の歴史と今を描く。

(集英社 840円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    安倍政権に財界ソッポ 目玉の「原発輸出」日立凍結で全滅

  2. 2

    賀来賢人「今日から俺は」が日テレドラマのトップ走るワケ

  3. 3

    「今日俺」人気を陰で支えた“カメレオン俳優”太賀の底力

  4. 4

    嫌われクロちゃんが一転…キャバ嬢に大人気の意外な理由

  5. 5

    嶋大輔が復活!「今日俺」でのリバイバルに本人びっくり

  6. 6

    北島三郎復帰に“禁じ手” 平成最後のNHK紅白は無法地帯に

  7. 7

    和田アキ子の大晦日が“空白” NHK紅白サプライズ出演あるか

  8. 8

    長谷川博己と破局報道 鈴木京香「もう育てきった」の真意

  9. 9

    中日から強奪は“吉”か 虎入り確実ガルシアに3つの懸念材料

  10. 10

    キンプリ早くも「嫌いなジャニーズ」に…なぜアンチ多い?

もっと見る