脳の温度変化を知れば狙った時間に入眠できる

公開日:

 睡眠の質が高まるメカニズムを知り、覚醒レベルを上げるスキルを身に付ければ、常にベストコンディションで仕事に向き合うことが可能になる。その方法を解説するのが、三島和夫著「睡眠と覚醒 最強の習慣」(青春出版社 1500円+税)である。

 質の良い睡眠に大切なのは、眠りの深さだ。そのポイントは、脳の温度を下げる「クールダウン」。脳の温度は早朝にもっとも低く、起床すると上がり続け、昼すぎにいったん下がるものの夕方すぎから、眠る約5~2時間前にもっとも高くなる。そして、眠るまでの2時間ほどで一気に下がり、その勾配が大きいほど深い睡眠が得られることが分かっている。

 そこで、脳の温度変化を計算に入れて入浴し、意識的に高めてやれば、温度が下がる勾配が大きくなり、狙った時間に入眠しやすくなる。夜12時に寝たいなら、10時までに入浴して脳の温度を高めておくのだ。

 目覚めたのちに活動的な一日を過ごすには、覚醒スキルも必要。早朝ではなく光の効力が強い午前10~11時の日光を浴びること、昼食の前か後に、カフェインを取ってから20分程度の短い昼寝をすることなどがお勧めだ。

 さらに、覚醒レベルは脳の温度の高さと比例するため、人間は夕方から夜にかけてがもっとも覚醒している状態といえる。ただし、仕事のパフォーマンスは疲労にも左右される。朝型の人は夕方には疲労がたまるため、午前中から昼にかけての方が能力を発揮しやすい。一方、夜型の人は午前中にはエンジンがかからないが、夕方ごろから能力を発揮しやすくなる。

 仕事のパフォーマンスを上げたいなら、睡眠と覚醒を味方につけ、上手に操ることだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    長谷川博己と破局報道 鈴木京香「もう育てきった」の真意

  2. 2

    キンプリ早くも「嫌いなジャニーズ」に…なぜアンチ多い?

  3. 3

    安藤サクラに朝ドラ奪われ…満島ひかり“超ワガママ”の裏側

  4. 4

    伊集院静氏が指摘 今の65歳から80歳が日本をダメにした

  5. 5

    後輩芸人と絶縁宣言で浮き彫りに JOYとユージの好感度の差

  6. 6

    石崎ひゅーいとは破局か “共演者キラー”蒼井優の次の相手

  7. 7

    動くとビキニが…水原希子“透け映えコーデ”に会場クギづけ

  8. 8

    日産は会長人事見送り…ルノーに逆らえずクーデター大失敗

  9. 9

    「THE W」優勝 阿佐ヶ谷姉妹より受けていたのは滝沢カレン

  10. 10

    実は辺野古反対派 昭恵夫人「海を守りたい」思いはどこへ

もっと見る