イスラム社会の風紀を取り締まる宗教警察の恐怖

公開日:

 イスラム社会で重要な役割を果たし、そのイメージが私たちの“イスラム観”に大きな影響を与えているのが、風紀を取り締まる「宗教警察」だ。

 高尾賢一郎著「イスラーム宗教警察」(亜紀書房 2500円+税)は、その実態をまとめた日本初となるリポート。

 サウジアラビア、イスラム国、インドネシアという、公的機関として宗教警察が存在している3地域を取り上げ、その活動事例を詳述している。

 記者殺害事件で注目を集めるサウジアラビア。同国の宗教警察は、正式名称を勧善懲悪委員会という。イスラム社会における風紀の取り締まりの基礎には、善を勧めて悪を懲らしめるという勧善懲悪の思想があり、“正しいイスラム”社会の実現を目指すサウジアラビアにとって、勧善懲悪委員会の存在は大きい。

 女性の髪や体を隠すヒジャブの着用を含め、道徳、マナーなど取り締まり対象を9項目設定し、勧善懲悪委員会は2人1組となり町中のパトロールを実施。ある女子高で火災が起きた際には、髪や肌を露出したままでの避難を妨害したとも報じられている。

 一方、サウジアラビアは変革の時を迎えており、女性の社会進出を促進する政策が打ち出されている。禁じられていた販売店での就労も可能となり、女性専用の商品を取り扱う店の販売員に女性が増えてきた。興味深いのが、このような変革を勧善懲悪委員会は歓迎していること。

 男女の隔離がより進むため、これを機に女性の職員を採用し、男性の立ち入りが難しい女性の空間へもパトロールを強化する構えだという。

 宗教警察の実態を知らずして、複雑なイスラム社会を知ることはできない。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    肺病の赤ん坊に客が1stクラスを 母親の感謝投稿に圧倒共感

  2. 2

    熱愛ゼロの草食ぶり…新垣結衣は私生活でも獣になれない?

  3. 3

    志村けんの「酒・カネ・オンナ」68歳の優雅な独身貴族生活

  4. 4

    “質問無視”連発の河野外相 政治資金で「外食三昧」の日々

  5. 5

    セクゾ松島もパニック障害…ジャニーズで病欠が相次ぐワケ

  6. 6

    キンプリ早くも「嫌いなジャニーズ」に…なぜアンチ多い?

  7. 7

    実力は和牛でも…霜降り明星「M-1優勝」のメンタルを分析

  8. 8

    事件、退所、病気…ジャニーズ内の光と影が鮮明だった一年

  9. 9

    賀来賢人「今日から俺は」が日テレドラマのトップ走るワケ

  10. 10

    13勝左腕ガルシアと破談…怒り心頭の中日が疑う“巨人の影”

もっと見る