「ドナルド・トランプの危険な兆候」バンディ・リー編、村松太郎訳

公開日:

 暴言王と揶揄(やゆ)されるトランプ大統領。その発言や行動はもはや呆れると言って済むレベルではなくなっている。バンディ・リー編、村松太郎訳「ドナルド・トランプの危険な兆候」(岩波書店 2500円+税)では、アメリカの精神科医らがトランプ大統領の精神状態を分析。その危険性を専門的に論じている。

 自分は特別だと信じたがる欲求、いわゆるナルシシズムは、野心的でカリスマ性を持つ人物に多く見られ、一定レベルであれば自信や幸福感につながるものだ。しかしトランプ大統領の場合、これが度を越えて悪質であるという。

 病的ナルシシズムは、ドラッグのように依存性が高く、自分が特別だと感じられるためなら、嘘、ごまかし、裏切り、他者を傷つけることなどもいとわなくなる。そして、そのレベルが最高に達すると、自己愛性パーソナリティー障害へとつながっていく。

 精神疾患に罹患(りかん)していること自体は、指導者としての適格性を損なうものではない。スティーブ・ジョブズにも自己愛性パーソナリティー障害の兆候が見られたが、彼は非常に生産的で、人間関係を十分維持し、怒りの爆発はコントロールされていた。

 だが、精神疾患に自分または他人に対する“危険性”があれば、話は別だ。病的ナルシシズムと政治が組み合わされば、危機は国内外の平和に及ぶ。放置すれば、第3次世界大戦につながる可能性もある。

 アメリカ精神医学会には、精神科医が直接診断していない有名人について意見することを禁止する倫理規範がある。しかし、これに抵触することを覚悟の上で、本書の精神科医たちは警告している。アメリカの良心ともいうべき彼らの発言を、無視することはできない。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    菊川怜の夫は裁判沙汰に…女性芸能人が“成金”を選ぶリスク

  2. 2

    売り込みは好調も…河野景子“豪邸ローン2億円”の逼迫台所

  3. 3

    引退の稀勢の里を支える“太いタニマチ”と6000万円の退職金

  4. 4

    「ストライクが入らない」フランスアは高知で泣いていた

  5. 5

    安倍官邸“大号令”か 厚労省「実質賃金上昇率」水増し工作

  6. 6

    首相の姓を? 永田町に飛び交う新年号に「安」採用プラン

  7. 7

    辺野古「県民投票」不参加表明 沖縄県“アベ友”5市長の評判

  8. 8

    “第2のサンゴ虚報事件”で思い出す安倍首相の朝日新聞批判

  9. 9

    広島・誠也が打点王宣言も “新3番”長野に丸の代役務まるか

  10. 10

    長野以外にGベテランリスト漏れ 広島“ポロリ発言”の波紋

もっと見る