「駄目な世代」酒井順子著

公開日: 更新日:

 昭和41年、丙午生まれの著者は自分の世代はダメな世代ではないかと感じている。迷信から出生率が低かったため受験戦争は楽々通過。バブルの最中に巡ってきた就職活動は売り手市場で、苦労知らずで大人になった。昭和の偉大な先輩たちが引っ張ってくれたこともあり、50歳を過ぎても「後輩気分」が抜けてない、と指摘する。

 さらに10代の頃「若い=偉い」という価値観が刷り込まれたため、「若くありたい、そのためにはお金を惜しまない」のもこの世代。美魔女ブームも相まって、昔ならそろそろ死に支度、という頃にヌードを披露する自分たち世代の末路を著者は心配する……。

 苦労知らずゆえに、気のいいところがある41年生まれを分析した新・世代論。

(KADOKAWA 1400円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    主演映画が大コケ…高橋一生は「東京独身男子」で見納めか

  2. 2

    博多大吉とデート報道 赤江珠緒が気を揉む"あの男"の存在

  3. 3

    好調"月9"を牽引 本田翼が放つ強烈オーラと現場での気配り

  4. 4

    帰化決意の白鵬が狙う理事長の座 相撲界を待つ暗黒時代

  5. 5

    役者はセリフが命…山P「インハンド」にブーイングのワケ

  6. 6

    女子高生のスカート丈は景気とリンク 令和は長いor短い?

  7. 7

    安倍首相に怯える公明 増税延期解散なら小選挙区壊滅危機

  8. 8

    主演「特捜9」が初回首位 V6井ノ原快彦が支持されるワケ

  9. 9

    モデルMALIA.はバツ4に…結婚・離婚を繰り返す人の共通項

  10. 10

    専門家が分析「亀と山P」春ドラマ対決の“勝者”はどっち?

もっと見る