「駄目な世代」酒井順子著

公開日: 更新日:

 昭和41年、丙午生まれの著者は自分の世代はダメな世代ではないかと感じている。迷信から出生率が低かったため受験戦争は楽々通過。バブルの最中に巡ってきた就職活動は売り手市場で、苦労知らずで大人になった。昭和の偉大な先輩たちが引っ張ってくれたこともあり、50歳を過ぎても「後輩気分」が抜けてない、と指摘する。

 さらに10代の頃「若い=偉い」という価値観が刷り込まれたため、「若くありたい、そのためにはお金を惜しまない」のもこの世代。美魔女ブームも相まって、昔ならそろそろ死に支度、という頃にヌードを披露する自分たち世代の末路を著者は心配する……。

 苦労知らずゆえに、気のいいところがある41年生まれを分析した新・世代論。

(KADOKAWA 1400円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    軽率さ変わらぬ石田純一 東尾理子に見放され離婚へ一直線

  2. 2

    上沼恵美子「降板の全真相」現場は“辞めたる”を待っていた

  3. 3

    阿炎“キャバクラ引退届”の謎 錣山親方の暴走に協会も困惑

  4. 4

    安倍首相“吐血情報”で広がる健康不安説…国会拒否の理由か

  5. 5

    三浦春馬さんに金銭を無心か…「母親の過去」と死の動機

  6. 6

    引退も覚悟? 小倉優香ラジオ降板テロの裏に年収1億円彼氏

  7. 7

    カジサックの悪評止まず…ギャラ低すぎて宮迫陣営へ流出?

  8. 8

    劇的復活Vも問題はここから…照ノ富士「大関復帰」の条件

  9. 9

    阿炎キャバクラ通いバレ引退届 協会激怒も不受理の可能性

  10. 10

    史上最大の復活V 照ノ富士“地獄”を見て相撲も性格もガラリ

もっと見る