「最後の頭取」河谷禎昌著

公開日: 更新日:

 北海道大学法学部を卒業後、北海道拓殖銀行に入行。1994年、13代目の頭取になった。金融機関の破綻が相次ぐなか、「バブルの後始末役」として悪戦苦闘するが、1997年に経営破綻。図らずも拓銀最後の頭取となってしまう。その後、特別背任罪に問われ、2審で逆転有罪判決を受けて、1年7カ月間、服役した。

 経営破綻から20年余が過ぎて、天国と地獄を見た元頭取は今84歳。渦中で体験したバブル生成と崩壊の教訓を後世に残そうと、その実相と思いの丈を語った。

 頭取就任直後、大蔵省から示された不良債権総額は9600億円。「首切り河谷」と言われながら合理化に取り組むが、焼け石に水。生き残りをかけて北海道銀行との合併を模索するも、交渉難の末にご破算となり、ついに破綻。証人として国会に呼ばれ、「万死に値する」と非難された。非難は言葉では終わらず、異例の実刑判決が下る。

 筋書きは出来ていた。取り調べの際、検察が作文した供述調書がすでに出来上がっていた。「頭取としての地位を守るために融資を続けた」とあり、「サインしろ」の一点張り。大きな権力の前にバカバカしさと無力感を感じ、署名してしまう。

 国策捜査のターゲットになった、と著者は考えている。国民の反発が強かった公的資金注入のためのスケープゴートにされたのだ、と。

 拓銀の破綻はバブル景気に踊らされた末の悲劇だった。だが、経営責任は問われなければならない。著者は拓銀破綻の「A級戦犯」を5人名指しして、その理由を述べている。そして、もし「破綻罪」があるとすれば、問題に気づかず、破綻を食い止められなかった自分もまた「ギルティ」だという。

 64歳で逮捕され、74歳で収監。この間、大規模な銀行の再編が進んだ。時代の転換期に巡り合わせたとき、どうすればいいのか。何ができるのか。銀行マンの異例の半生は、教訓に富んでいる。

(ダイヤモンド社 1800円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    横浜の誘致表明で…米カジノ最大手が大阪から撤退の衝撃

  2. 2

    浜崎あゆみと交際7年 なぜ「M」にTOKIO長瀬智也は登場せず

  3. 3

    横浜市IR誘致表明で始まる“菅長官vsヤクザ”の仁義なき戦い

  4. 4

    土屋太鳳&山崎賢人まさかの4度目共演…焼けぼっくいに火?

  5. 5

    視聴率低迷のNHK大河「いだてん」には致命的な見落としが

  6. 6

    春風亭小朝 AKB48は噺家に欠ける部分を気づかせてくれた

  7. 7

    強烈ジョークでNHKを慌てさせた 香取慎吾の気になる今後

  8. 8

    すでに紅白内定? 3人組「ヤバイTシャツ屋さん」って誰?

  9. 9

    井上真央が女優活動再開 嵐・松本潤との破局説の行方は?

  10. 10

    有権者が賢くないと政治が乱れる見本

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る