北上次郎
著者のコラム一覧
北上次郎評論家

1946年、東京都生まれ。明治大学文学部卒。本名は目黒考二。76年、椎名誠を編集長に「本の雑誌」を創刊。ペンネームの北上次郎名で「冒険小説論―近代ヒーロー像100年の変遷」など著作多数。本紙でも「北上次郎のこれが面白極上本だ!」を好評連載中。趣味は競馬。

「永田町小町バトル」西條奈加著

公開日: 更新日:

 西條奈加は、中山義秀文学賞を受賞した「涅槃の雪」や、吉川英治文学新人賞を受賞した「まるまるの毬」など、時代小説の作家として知られているが、本書は現代小説なので要注意。もっとも現代小説を書くのはこれが初めてではない。

 現役キャバクラ嬢にしてシングルマザーのヒロイン、芹沢小町がなんと国会議員になってしまうという話である。区議でも都議でもなく、いきなり衆議院議員になってしまうのである。なるまでの話ではなく、これはなってからの話。彼女がなぜ衆議院議員になったかというと、ある目的があったからだ。それは、シングルマザーの生活がいかに大変かということだ。福祉行政がいかに遅れているか、著者は数字をどんどん並べて読者を物語世界に強引に引きずり込んでいく。

 その寄り道、いや背景説明の量がケタ外れなので小説としてやや破綻しているとの指摘がされるかもしれないが、これは問題解決に向けて邁進する芹沢小町の熱量と解したい。彼女が区議でも都議でもなくいきなり衆議院議員になったのも、法律を変えて予算を勝ち取ることができるのは国会議員だけだからである。そのためなら彼女は何でもする気なのだ。ライバル党に小野塚遼子というやはり新人議員を配するのもいいし、脇役にいたるまでの人物造形もいい。

 はたして芹沢小町の願いは成就するのか。ラストまで一気に読ませる「政治エンターテインメント」だ。

 (実業之日本社 1650円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    NHK大河「いだてん」大コケでわかった ドラマとは主役次第

  2. 2

    李柄輝氏が語る朝鮮の原則「米国が提案蹴れば行動に移る」

  3. 3

    伝説の麻薬Gメンが指摘 ピエール瀧コカイン常習の“証拠”

  4. 4

    朝から晩までピエール瀧 おかげで安倍悪辣政権が6年安泰

  5. 5

    私情や保身を優先する愚かさ 野党結集を邪魔する“新6人衆”

  6. 6

    “黒塗り違法”判決にもダンマリ…財務省の呆れた隠ぺい体質

  7. 7

    フジ月9の“復活”を占う 錦戸亮「トレース」最終回の視聴率

  8. 8

    V候補の星稜は…センバツ初戦「勝つ高校」と「散る高校」

  9. 9

    また偽装発覚…安倍首相が施政方針演説で巧みな“錯覚工作”

  10. 10

    NHKも優遇なし 青山アナに「育休中の給与返せ」批判の誤解

もっと見る